CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-139「クリムゾン・ピーク」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/07/03 01:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

見えて初めてその存在を知る
 20世紀初頭。富豪の父カーター・カッシングと2人でニューヨークに暮らす作家の卵、イーディス。母は彼女が少女の時に他界するも、幽霊となって彼女の前に現われ、“クリムゾン・ピークに気をつけなさい”と謎めいた警告を残すのだった。
 ある日、彼女はカーターのもとにやって来た準男爵の称号を持つ英国紳士トーマス・シャープと出会い、心惹かれていく。
 そんな折、不可解な死でカーターがこの世を去り、イーディスは莫大な遺産を相続することに。悲しみに暮れる彼女はトーマスと結婚し、英国にある彼の広大な屋敷へとやって来る。
 そこにはトーマスの姉ルシールも住んでいて、ミステリアスな彼女の態度に戸惑いを隠せないイーディスだったが。(「allcinema」より)


 「パンズ・ラビリンス」「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロ監督の最新作。

 20世紀初頭、イギリスの広大な屋敷で起こる不可解な出来事に巻き込まれていく女性の運命を描いたゴシック・ホラー。


 ニューヨークに暮らす作家の卵、イーディスが主人公で、彼女は霊が見える。
 そんな彼女が、イギリスの紳士トーマス・シャープと恋に落ち、結婚してイギリスの広大な屋敷に住むことになるが、そこではトーマスの姉、ルシールも一緒に住んでいる。

 このルシールが謎めいた感じで、何かしら企んでいる雰囲気でもある。

 イーディスは屋敷で霊の姿を何度も見て驚かされるが、その霊は彼女に何かしら警告する。

 霊の登場シーンには緊張して、体が痛くなってしまう。

 そんな霊が現れる雰囲気も怖かったが、何かしら怪しげな雰囲気を醸し出すトーマスとルシールの姉弟の存在も気になるところである。

 結局怖いのは実在する人間、という感じの話。
 しかし、最後に決着を付けるのは霊ということになるのかな。


 まあゴシック・ホラーの雰囲気は充分で、なかなか恐怖感もあったし、事件の顛末にもある種の恐怖感は充分にあった。

 ホラー・テイストの昼ドラのような話ではあったが、なかなか面白い作品であった。

/5

監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:ミア・ワシコウスカ、トム・ヒドルストン、ジェシカ・チャスティン、チャーリー・ハナム、ジム・ビーヴァー
    バーン・ゴーマン、レスリー・ホープ、ダグ・ジョーンズ、ジョナサン・ハイド、ブルース・グレイ
於:池袋シネマ・ロサ
クリムゾン・ピーク
Rambling RECORDS
2016-01-20
フェルナンド・ベラスケス


Amazonアソシエイト by クリムゾン・ピーク の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クリムゾン・ピーク
20世紀初頭のニューヨーク州。 若き女性作家イーディスは、死者の魂と通じ合う力を持っており、亡き母の霊につきまとわれていた。 父が不可解な死を遂げた後、彼女は魅力的な男トーマスと結婚する。 彼の豪奢な屋敷はイギリスの辺鄙な丘陵地帯にあったが、そこは冬になると白雪の上に赤い粘土の色素が染み出すことから、「クリムゾン・ピーク(深紅の山頂)」と名付けられていた…。 ファンタジック・ホラー。 R-15  ...続きを見る
象のロケット
2016/07/04 13:56
「クリムゾン・ピーク」
ゴシック・ホラー。大好物のジャンルだ。怖く、グロく、美しく。そして、怖く、グロく、美しく、と撮らせたら、今の所私にとってベストはギレルモ・デル・トロ監督である。監督お得意のクリーチャーは今回はあんまり活躍しないが、ヨーロッパ怪奇の館を「あるある」で表現。非常に雰囲気があり、怖さ倍増。しかし、こんなに西洋風の恐怖なのに、私の心の中に浮かび来る言葉はただ一つ。そう、日本の民間伝承で伝わる「親の意見とナスビの花は、千に一つの無駄もない。」というアレだ。10歳の頃から言われていたのに。「クリムゾン・ピー... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/07/19 15:09
クリムゾン・ピーク
映像は雰囲気あってよかった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/08/17 22:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-139「クリムゾン・ピーク」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる