CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-156「ザ・ボーイ 人形少年の館」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/07/22 01:18   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

あなたを一人にはしない
 異国イギリスで子守として雇われたグレタ。夫婦の旅行中に少年の世話をする約束だったが、紹介された少年は人形だった。
 薄気味悪さを禁じ得ないグレタは、決められたルールを破ってしまったところ、信じられない恐怖に直面する。(「KINENOTE」より)


 「デッド・サイレンス」「アナベル 死霊館の人形」などなど、人形を題材としたホラーがあるが、本作も人形を題材としたホラー。


 ある理由で、アメリカからイギリスへと渡り、ベビー・シッターとして古くて大きな屋敷に住む老夫婦に雇われることになったグレタ。
 しかし、老夫婦の息子であるブラームスは人形であった。

 薄気味悪さを感じながら、老夫婦が旅行へ出かけた後、一人屋敷にいるグレタ。

 やがて、屋敷内で奇妙な現象が起こり始め、グレタは思いも寄らぬ恐怖を味わうこととなる。


 山奥らしき場所にある、古くて大きな屋敷に一人でいるという状況だけでも怖そうだが、更に一緒にいるのは子供サイズの人形。

 やっぱりその存在は、ちょっと薄気味悪く、いつ動き出すのだろうという恐怖を感じる。

 屋敷内から物音が聞こえたり、少年のものらしき声が聞こえたり、グレタの持ち物が無くなったり、果てはブラームスがいつの間にやら別の場所に移動していたり。

 徐々に恐怖感が募ると共に、時折突然のシーンで驚かされたりする。

 ホラーとして、オーソドックスに緊張感と恐怖を煽っていく展開だったな。

 
 果たして人形、ブラームスの正体は何なのか。

 気になるところで、いよいよクライマックスとなり、いよいよその正体が明かされるかというところで、思いもしなかった展開となる。

 そんな裏があるとは思わなかったな。


 途中までは、何が出てくるんだろうと緊張感が高まり、構えて観てしまう。
 クライマックスは思ってもいなかった展開となり、なかなか面白いホラーであったが、途中までの緊張と期待が外された気分にもなるような作品だったな。

/5

監督:ウィリアム・ブレント・ベル
出演:ローレン・コーハン、ルパート・エヴァンス
於:新宿シネマカリテ
【Amazon.co.jp限定】ザ・ボーイ~人形少年の館~(オリジナル2L型ブロマイド) [DVD]
エイベックス・ピクチャーズ
2016-10-19


Amazonアソシエイト by 【Amazon.co.jp限定】ザ・ボーイ~人形少年の館~(オリジナル2L型ブロマイド) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ザ・ボーイ〜人形少年の館〜
【概略】 老夫婦と暮らす8歳の少年のベビーシッターになったグレタ。しかし、老夫婦がブラームスと呼んで溺愛する少年は人形だった。そして、グレタはブラームスを世話する上での10のルールを知らされるが…。 ホラー ...続きを見る
いやいやえん
2016/10/18 14:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-156「ザ・ボーイ 人形少年の館」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる