CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-154「探偵ホン・ギルドン 消えた村」(韓国)

<<   作成日時 : 2016/07/20 01:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

友達は分け合って食べるものだろ
 事件解決率99%にして、悪党よりも悪名高い探偵ホン・ギルドン。そんな彼が、唯一捜し出せずにいる男こそ、母親を殺した仇敵キム・ビョンドク。
 長年の努力が実り、ついに捜し当てたと思いきや、ビョンドクは間一髪のところで何者かに拉致されてしまい、踏み込んだ家の中には孫娘のドンイとマルスンだけが残されていた。
 こうして渋々ながらも幼い姉妹を引き連れ、ビョンドクの行方を追うハメになるホン・ギルドンだったが。(「allcinema」より)


 主人公のホン・ギルドンは、ある組織に属す探偵であるが、調査をするというより、事件の解決屋という感じ。
 必ずしも正義という感じではなく、ことの解決のためには手段を選ばない。

 そのホン・ギルドンが、20年前に母親を殺した男、ビョンドクの所在を突き止めるが、彼が到着する前に何者かに拉致されてしまっていた。
 
 ビョンドクの幼い孫娘二人が残され、おじいさんを見つけ出すため、ギルドンと行動を共にする。


 拉致されたビョンドクの行方を捜すという展開で、探偵らしい動きはする。

 時代設定が’80年代初めということもあるのか、ちょっと劇画的な雰囲気も漂っていたな。

 しかし、一緒に行動をすることになった、ビョンドクの孫娘二人、ドンイとマルスンの存在と言動が笑いを誘い、珍道中っぽい感じもある。


 ビョンドクの行方を捜していくうちに、大きな組織と陰謀に突き当たることとなるギルドン。


 孫娘たちと行動を共にしていくうち、多少なりとも感情を示すギルドンが、果たしてビョンドクを見つけ出して、復讐を果たすのか。
 そして、立ちはだかる組織と企てられる陰謀に対し、どのような対応をするのか。


 子供二人との交流には暖かい感じを見せるが、結構激しく、容赦ないシーンも多い。

 徐々に明らかになる20年前の事実と因縁も興味深かった。

 クライマックスにはどんでん返しもあるが、かなり大掛かりで、伏線も判りづらいどんでん返しだったかな。


 劇画的な探偵行とアクション、そして笑いも交えており、ちょっと長いかなとも思ったが、エンターテインメントとして楽しめる一本であった。

 
 シリーズものに出来そうな内容で、ラストもそれを匂わせるところがあったな。

/5

監督:チョ・ソンヒ
出演:イ・ジェフン、キム・ソンギュン、コ・アラ、ノ・ジョンウィ、キム・ハナ、パク・クニョン、チョン・ソンファ、ファン・ボラ
於:シネマート新宿
探偵ホン・ギルドン [DVD]
TCエンタテインメント
2016-10-05


Amazonアソシエイト by 探偵ホン・ギルドン [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-154「探偵ホン・ギルドン 消えた村」(韓国) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる