CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-151「ZOOMBIE ズーンビ」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/07/17 23:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

もう動物とは遊ばない
 待望の開園を控えたエデン野生動物園は、広大な自然の中で動物の本来の姿を見ることができる驚くべきテーマパークだった。
 動物たちが園内のどこにいるのかアプリで調べられるのも魅力の一つ。来たる一般公開に向け、園内では職員たちの研修が行われていた。
 そんな中、診療所で治療を受けていた猿が突然発作を起こし心臓が止まってしまう。すると突然蘇えり、次々に人間に襲いかかっていく。(「KINENOTE」より)


 「シャークネード」「メガ・シャークVSメカ・シャーク」のアサイラム製作のパニック・ホラー。

 タイトルはZOO≠ニZOMBI≠掛け合わせたもので、謎の感染によって凶暴化した動物たちが、人間たちを襲うという話。

 アサイラム製作ということで、もちろん笑いもあり、映像も丸わかりの合成などもあるのだが、結構意外と真面目なパニック・ホラーでもあったなという感想。


 絶滅危惧種の保護を目的としたエデン野生動物園。
 ここでサルが急に凶暴化し、人を襲って園内を逃走する。

 このエデン野生動物園の設定は、完全に「ジュラシック・ワールド」を意識したものだったな。どちらかと言えば、「ジュラシック・パーク」か。


 そのエデン野生動物園で凶暴化したサルが逃走。その感染のためか、次々と他の動物たちも人間を襲い始める。

 
 映像の精度はどうあれ、血みどろの凄惨なシーンもあるが、それでもちょっと笑えてしまう雰囲気はある。

 園長エレンの娘がゴリラと心を通わせているという設定もあり、そのゴリラが最後に娘やエレンを救い出すという、ある意味トンでも展開になるかなと思ったが、さすがに凶暴化した動物は、人間を襲うだけだったな。


 感染拡大防止のため閉鎖されてしまった園内で、何とか生き延びようとし、更に動物たちが園外へ逃げ出さないようにしようとするエレンたち。

 一番の懸念は鳥たちが感染し、飛んでいかないようにすること。
 果たしてエレンたちは、感染拡大を防ぎ、生き延びることができるのか。


 B級感満載のパニック・ホラーであるが、ストーリー自体はいたって真面目だったような気がする。
 逆に随所随所に交えられるクスリとさせられるシーンはあれども、大笑いするまではいかなかったかな。

/5

監督:グレン・ミラー
出演:アイオン・バルター、アンドリュー・アスパー、マーカス・アンダーソン、カイウィ・ライマン、キム・ニールセン
於:新宿シネマカリテ
Zoombies [DVD] by Ione Butler


Amazonアソシエイト by Zoombies [DVD] by Ione Butler の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ZOOMBIE ズーンビ
【概略】 エデン野生動物園。絶滅危惧種の保護を目的とした広大なテーマパーク。診療所で治療を受けていた猿が発作を起こし、心臓が止まってしまう。しかし、突如奇声をあげて蘇った猿は獣医に襲い掛かり、外へと逃げてしまう。通報を受けた園長のエレンは、すぐさま動物園を封鎖するが…。 ホラー ...続きを見る
いやいやえん
2016/09/07 16:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-151「ZOOMBIE ズーンビ」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる