CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-121「殺されたミンジュ」(韓国)

<<   作成日時 : 2016/06/10 08:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

人は暴力に極端に弱い
 とある5月9日の夜。ソウル市内で一人の女子高生が男たちの集団に捕まり、無惨に殺された。しかし事件は表沙汰になることなく闇に葬り去られた。
 1年後、事件に関わった7人の男たちを一人、また一人と拉致しては、激しい拷問によって自白を強要する謎の集団が現われる。はたして女子高生はなぜ殺されたのか。そして謎の集団の正体とその目的とは。
 やがて事件の真相が徐々に明らかになってくるかに思われたが。(「allcinema」より)


 「嘆きのピエタ」「メビウス」等のキム・ギドク監督の最新作。

 冒頭、一人の女子高生が、屈強な男たちに追われるシーンから始まり、やがてその女子高生、ミンジュは殺されてしまう。

 そんな事件があった1年後。

 これまた謎の男たちが、ある男を拉致し、1年前にミンジュ殺害に関わったこと、何をしたのかを強制的に自白させる。

 やがて謎の男たちは、次々と男たちを拉致し、1年前に起こったことを半ば暴力的に白状させる。


 女子高生、ミンジュ殺害の謎を追いながら、必ずしも犯人捜しのミステリーという感じではなかった。

 マ・ドンソク演じる、謎の男のリーダーが求めるものも、その発言内容は判るのだが、実際は何を求めていたのかは判り辛かったな。

 そんなリーダーに従う男たち、そして一人の女は日常生活では、虐げられている。
 その鬱積を晴らすようにリーダーに従うのだが、特に信念がある感じでもなかったな。

 暴力を受けた者が暴力を与える。

 暴力を与えるシーンは、韓国映画らしい激しさを見せており、それは自白を強要するシーンのみならず、日常でも暴力シーンは頻繁である。

 そんな暴力を受けた一人の男が、復讐を考えるのだが、ふと気付くとその男が、謎の男たち、女に何かしら関わっているように色々な場面で出てくる。

 これは面白い設定だな、と思っていたら、演じていたキム・ヨンミンは一人8役だったらしい。


 なかなか激しい内容の作品。
 向かう先が判りづらい作品でもあったが、強烈な印象を残す作品だったな。

/5

監督:キム・ギドク
出演:マ・ドンソク、キム・ヨンミン、イ・イギョン、チョ・ドンイン、テオ、アン・ジヘ
    チョ・ジェリョン、キム・ジュンギ、キム・ジェロク、イム・ファヨン、パク・ソダム
於:ヒューマントラストシネマ有楽町
殺されたミンジュ [DVD]
キングレコード
2016-06-08


Amazonアソシエイト by 殺されたミンジュ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-121「殺されたミンジュ」(韓国) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる