CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-091「アイアムアヒーロー I AM A HERO」(日本)

<<   作成日時 : 2016/05/04 01:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

土佐犬に、ではなく、土佐犬が咬まれて重体です
 漫画家アシスタントとして最低な日々を送る35歳の鈴木英雄。ある日、徹夜仕事から帰宅した英雄は、異形の姿に変貌した恋人に襲われかける。
 辛くも逃げ出した英雄は、同じように異形の者が人々を次々と襲い、襲われた人間もまた異形の者へと変貌していくさまを目の当たりにする。やがてそれは“ZQN(ゾキュン)”と呼ばれ、謎の感染パニックが日本中で起きていることが分かってくる。
 標高が高いところは感染しないという情報を頼りに富士山を目指した英雄は、その道中で女子高生の比呂美と出会い、ひょんな成り行きから一緒に行動を共にするのだったが。(「allcinema」より)


 こちらも人気コミックを実写映画化した作品。

 謎の感染によって変異してしまった人々が襲い来る中、一人の平凡な男が、成り行きから一緒に行動することになった女子高生を護るために奮闘するアクション・ホラー。

 
 その理由も判らず、感染によって異形の者となってしまう人々。
 ZQN(ゾキュン)と名付けられはするが、ZQNに咬まれれば、咬まれた者もZQNになってしまうということで、その存在はゾンビと同じである。


 35歳にして、漫画家アシスタントをして、恋人とも破局寸前という生活を送っている鈴木英雄。
 突然恋人や仕事場の仲間が異形の者となってしまい、日常が破られてしまう。

 ZQNから逃げている途中に一緒になった女子高生、比呂美と共に、高地では感染しないという情報を頼りに、富士山に向かう。

 途中のアウトレット・モールで生存者に合流するが、そこで思わぬ状況に陥ってしまう。


 ゾンビものの展開としては、王道的なものを踏襲している感じ。

 感染源は明かされないし、高地では感染しないという情報も正しいのか判らない。
 辿り着いたアウトレット・モールの生存者たちは、ルールに沿って生活しているようではあるが、それぞれ思惑と欲望が入り交じっており、それが惨劇を引き起こすというのもありがちなパターンだったな。


 そんな中で、平凡な男、英雄が一人の女子高生をZQNから、そして危険な者たちから護るために奮闘する様が描かれ、そこは面白く、惹き込まれるところがあったな。

 クライマックスでの百体以上のZQNが襲い来る中、英雄が限界まで闘おうとするシーンは緊迫感がいっぱいだった。

 
 最後まで気になったのは、比呂美の状態。どういう風に捉えたらいいのかな。
 相手が赤ん坊だったということに理由があるのかな。


 なかなか緊迫したシーンもあって、惹き込まれる展開の作品。
 平凡な男がヒーローとなるのか、というところも気になり、面白い作品だった。

/5

監督:佐藤信介
出演:大泉洋、長澤まさみ、有村架純、吉沢悠、岡田義徳、片瀬那奈
    片桐仁、マキタスポーツ、塚地武雅、徳井優、風間トオル
於:TOHOシネマズ新宿

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アイアムアヒーロー
テレ東がアニメ放送している間は問題無いってのは笑った。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/05/10 23:53
アイアムアヒーロー
35歳の漫画家アシスタント鈴木英雄がアパートに帰ると、そこには「異形」の彼女がいた。 一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。  謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体ZQN(ゾキュン)で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥った。 標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かった英雄は、女子高生・比呂美や元看護師・ヤブらと出会う…。 サバイバル・アクション。 ...続きを見る
象のロケット
2016/05/27 07:07
「アイ アム ア ヒーロー」 日常から非日常へのグラデーション
さすがR15 指定、血みどろでしたねえ。 正直、血がたくさん出てくる映画は苦手な ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2016/07/31 10:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-091「アイアムアヒーロー I AM A HERO」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる