CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-107「心霊ドクターと消された記憶」(オーストラリア)

<<   作成日時 : 2016/05/22 00:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

何に気を取られていた?
 最愛の娘を亡くした悲しみから未だ立ち直れずにいる精神分析医のピーター。日常を取り戻すべく、徐々に患者の訪問を受け始めていた。
 そんなある日、エリザベス・ヴァレンタインという少女が現われ、1枚のメモを残して去っていく。
 やがてそのメモが、20年前の列車事故と関わりがあることを突き止めるピーターだったが。(「allcinema」より)


 邦題を聞くと「記憶探偵と鍵のかかった少女」を思い出すが、もちろん繋がりはない。
 邦題はちょっと意識したのかと思うが、心霊ドクターというのは微妙な邦題だな。


 娘を亡くし、傷心のまま患者を診ている、精神分析医らしいピーター。
 患者を診ながら、自らもダンカンという医師にケアを受けているような状況。

 そんなピーターの元にエリザベス・ヴァレンタインという少女が訪れたことから、思わぬ真実が明らかとなり、更にピーター自らの過去に対峙することになる様を描いたホラー・ミステリー。


 ホラーらしい大きな音で突然姿を現すなど、驚かせるシーンは結構多い。

 エリザベスは恐らく霊で、何かしらピーターに訴えたいのだろうなとは思ったが、まさかこれだけ霊がいるとは思わなかったな。

 辻褄など気になるところもあるのだが、それで話は進んでいくので良しとしなければいけないかな。


 やがて、エリザベスの出現が、ピーターの故郷で起こった事件に繋がりがあり、更に事件そのものにピーターが関わっていたことも判明していく。

 まあ、顛末としては判りやすく、ピーターが引き起こしたと思っていた事件が、実は別の要因があったことが判明するというもの。

 そんな中で、ピーターの記憶が消えてしまっていることが言及されるが、それがそこまで衝撃的だったのか、ちょっと図りかねるものだったな。
 それだけ衝撃的なものを見てしまい、記憶を封印、改竄したということなのだろうか。


 ホラー要素を織り交ぜながら、かつての事件の真相に迫っていくというミステリーで、その真相というものは、それ程衝撃的でもなかったが、まあ興味深い話ではあった。


 「男の趣味だよ」という台詞で、ちょっとエッチなことを想像してしまったが、まさかそれが繋がっているとは思わなかったな。

/5

監督:マイケル・ペトローニ
出演:エイドリアン・ブロディ、サム・ニール、クロエ・ベイリス、ジョージ・シェヴソフ、ロビン・マクリーヴィー
    ブルース・スペンス 、アンナ・リース・フィリップス、マルコム・ケナード、ジェニー・ベアード、エマ・オファレル
於:角川シネマ新宿

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
心霊ドクターと消された記憶
娘を亡くした精神分析医のピーターは、悲しみを抱えながらも患者の診察を再開した。 ある日、患者ではない少女エリザベス・ヴァレンタインが、1枚のメモを残し立ち去っていく。 そのメモを調べてみると、最近診察した患者たちは1987年7月12日にピーターの故郷で起こった列車事故の被害者だったことが分かる。 驚いたピーターは、父が一人暮らす故郷へと向かう…。 ホラー。 ≪あなたの記憶は真実ですか?≫ ...続きを見る
象のロケット
2016/05/27 06:49
『心霊ドクターと消された記憶』
心霊ドクターと消された記憶 愛娘を事故で亡くした精神分析医が診る 患者は20年前の列車脱線事故で亡くなった 亡霊たちだった... ...続きを見る
cinema-days 映画な日々
2017/01/16 22:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-107「心霊ドクターと消された記憶」(オーストラリア) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる