CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-090「ちはやふる 下の句」(日本)

<<   作成日時 : 2016/05/03 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

想い、繋がっていけ
 創部一年目にして強豪北央学園に勝利し、東京都大会優勝を成し遂げ、全国大会への切符を手にした瑞沢高校競技かるた部。
 千早はさっそく新に優勝の報告をするが、“もうかるたはやらん”という新のまさかの告白に動揺を隠せない。それでも、太一やかるた部の仲間たちとともに全国大会に向けて練習に励む千早。
 そんな時、自分と同い年でありながらクイーンに君臨する孤高の絶対王者・若宮詩暢の存在を知り、頭から離れなくなっていく。
 そして新の心を取り戻すためにもクイーンに勝ちたいとの思いが募り、いつしか周囲が見えなくなっていく千早だったが。(「allcinema」より)


 競技かるたに情熱を注ぐ高校生たちの姿を描いた、「ちはやふる 上の句」に続く、2部作の後編。

 高校に入学し、競技かるた部を作り、仲間を集め、都大会で優勝し、全国大会の切符を手中にした千早。

 しかし、そんな千早に、幼馴染みでかるたを教えてくれた新が、もうかるたはやらん≠ニ告げる。


 物語は、かるたをやる意味を見失った新、そしてそんな新の心を取り戻そうとするがあまり、周囲が見えなくなっていく千早の姿と苦悩が描かれる。

 暴走気味になる千早と、太一や部員たちとの間に溝が出来つつあるところで、再び仲間との絆を確かめ合っていくという展開。


 同じ歳ながら、絶対王者として君臨するクイーン、若宮詩暢と対決するために、全国大会の団体戦のみならず、個人戦への出場も決意する千早。

 しかし、本作はそんな競技の行方よりも、千早と新、太一や仲間たちとの友情、絆の行方を主とした話になっており、団体戦の顛末は、まさかの結果。

 まあ、個人戦もさすがに出来すぎの展開にならなかったところは、納得するところかな。


 それぞれが、かるたをやることの意味を再考し始めるという展開の中で、大事なものを見つけ出していく。


 絶対王者のクイーン、若宮詩暢が、かるたを一人で究め、自分のためにやると言っているのは、まあプロフェッショナルという部分では、共感するが、いかんせんまだまだ素人の高校生たちの話ということで、肩入れするのは千早たちの方になるかな。


 競技の行方よりも、千早、新、太一の関係がどうなるのか気になるところであったが、そこに詩暢が加わり、ちょっと四角関係っぽい様相を呈してくる。


 本作の初日舞台挨拶で、続編製作の話が出たらしいが、確かに終わりとしては、ちょっと曖昧として、スッキリしない部分もあったので、さもありなん、かなという印象。

 しかし、高校生たちのかるたを通しての友情、絆を描き、話としては惹き込まれるものがあったな。

/5

監督:小泉徳宏
出演:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希
    清水尋也、松岡茉優、松田美由紀、國村旬、坂口涼太郎
於:TOHOシネマズ新宿

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ちはやふる 下の句
新と再会した時に『強くなったな』と言われたい千早。 そして、新に勝たなければ前に進むことが出来ないと感じる太一。 しかし当の新は、かるたをやる目的を見失っていた。 そんな頃、最強のかるたクイーン・若宮詩暢の噂を耳にした千早は、部活の団体戦そっちのけで個人練習に励むように。 そして瑞沢高校かるた部の、運命の日がやって来た…。 青春ドラマ後編。 ...続きを見る
象のロケット
2016/05/27 07:08
「ちはやふる 下の句」 彼女はちはやぶる
上の句では、主人公千早が集めたかるた部員たちが団体戦を通して、本当の仲間になって ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2016/07/31 11:07
ちはやふる -上の句-/ちはやふる -下の句-
【概略】 綾瀬千早、真島太一、綿谷新の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷の福井へ戻り、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創部を決意する。 青春 ...続きを見る
いやいやえん
2016/11/14 15:35
ちはやふる -下の句- (2016)
「ちはやふる -上の句- (2016) 」が面白く、その、まっすぐな青春に素直に感動しましたが、さらに、友情にスポットが当たり、部員達の結束も深まり、競技かるたの醍醐味も満載。ヒロイン、千早(広瀬すず)のハマりっぷりは、もちろん、同じかるた部メンバーの結束もさらに深まり、幼なじみの太一(野村周平)も、好演は、もちろん、ついに説得が届いて駆けつけてくれた新(真剣佑)の心の成長クィーン、若宮詩暢(松岡茉優)の貫禄と美しさも、また素敵でした。個人的には、上の句で、いじけてた机クンも友情に目覚めて成長。... ...続きを見る
のほほん便り
2017/04/12 10:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-090「ちはやふる 下の句」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる