CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-104「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/05/18 01:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 3 / コメント 0

帝国は内側から崩壊する
 力を一つに合わせ、世界の危機を何度も救ってきたスーパーヒーロー・チーム“アベンジャーズ”。しかし、その強大な力を危険視する声が高まり、彼らを国連の監視下に置くことが議論される。
 これに対し、アイアンマンはアベンジャーズを守るためには受け入れざるをえないとの考えを示す一方、キャプテン・アメリカは己の信念を貫きこれに強く反対する。
 そんな中、ウィーンで新たなテロ事件が発生し、キャプテン・アメリカの旧友バッキーが容疑者として指名手配されてしまう。
 アイアンマンとの対立が深まる中、重い決断を迫られるキャプテン・アメリカだったが。(「allcinema」より)


 「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」に続くシリーズ第3弾。
 と言うか、ほぼ「アベンジャーズ」である。

 「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」の後、新たなメンバー構成となったアベンジャーズが活躍するシーンから始まるが、その闘いが甚大な被害を生む。

 これは「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」でも挙がっていた問題だな。

 そのため、アベンジャーズが国連の監視下に置かれようとし、それに賛成するアイアンマンことトニー・スタークらと、反対するキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースらが対立することになる。

 更に、国連ビルが爆破され、スティーブの旧友である、ウィンター・ソルジャーことバッキーが容疑者として目される。

 かつての親友のために動こうとするスティーブとスタークとの対立が決定的になる。

 
 バッキーのために動くキャプテン・アメリカとバッキーを捕らえようとするアイアンマンが対立し、アベンジャーズのメンバーもそれぞれの側に立つ。

 こうして二組に分かれたアベンジャーズの闘いが繰り広げられ、更にその闘いに新たなキャラ、ブラック・パンサー、そして「アントマン」も参加する。
 更に、ついに「スパイダーマン」も参加するのだが、こちらは新たにピーター・パーカーを演じるトム・ホランドが登場。


 ガチで闘うアベンジャーズの面々、特にキャプテン・アメリカとアイアンマンとの関係がどうなるのか気になるところであったが、真相が判った時点で、友情復活、真の敵との闘いになると思っていたな。

 まさか、クライマックスもそんな展開になるとは思わなかった。

 スッキリとした結末とはならなかったが、意外な展開でなかなか興味深い終わりだったな。


 これら超人軍団のアベンジャーズを崩壊させようとした犯人が、これまでと違った感じの人物と動機というのも興味深いところであった。

 ヒーローが活躍し辛い時代になったものだな。

 ちょっとこれまでと違うような話になっており、なかなか興味深い展開であったと共に、色々なヒーローが登場で、気分が盛り上がったな。


 エンド・ロールの後に、やっぱり映像があり、今度は新たに登場したヒーローが活躍するようである。

/5

監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニーJr.、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、セバスチャン・スタン
    アンソニー・マッキー、ドン・チードル、ポール・ベタニー、エリザベス・オルセン、チャッドウィック・ボーズマン
    ポール・ラッド、ダニエル・ブリュール、エミリー・ヴァンキャンプ、トム・ホランド、マーティン・フリーマン
    フランク・グリロ、ウィリアム・ハート、ジョン・カニ、ジョン・スラッテリー、ホープ・デイヴィス、マリサ・トメイ
於:TOHOシネマズスカラ座

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
あいかわらずド派手なアクションは観ていて楽しい。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/05/22 20:51
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
戦いの最中に建物を破壊し死者を出すなど、人類を救う一方で被害も与えていると糾弾され、全世界から危険視されるアベンジャーズ。  そこである解決策が提案されるが、それは全員が納得できるものではなかった。 ついにアベンジャーズは、アイアンマン派とキャプテン・アメリカ派の真っ二つに分かれてしまう。  “禁断のチーム戦”で、ヒーローたちは、どちらの陣営に…?! スーパーヒーロー・アクション。  ...続きを見る
象のロケット
2016/05/27 06:51
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」 さすがのマーベル
キャプテン・アメリカ、アイアンマン、今まで数々の脅威から世界を救ってきたスーパー ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2016/07/18 06:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-104「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる