CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-103「追撃者」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/05/17 01:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

殺しはしない、さ迷い歩くのを見るだけ
 アメリカ南西部モハーベ砂漠。
 ある日、トレッキング・ガイドをする真面目な青年ベンは、大富豪のマデックに雇われ、彼の狩りに同行する。マデックの車で灼熱の大地を進み、ようやく狩猟ポイントまでやって来た2人。崖上に動く何かを発見したマデックがすぐに発砲すると、それはベンがよく知る老人だった。
 あわてて通報しようとするベンをマデックが制止し、お金で口止めを図る。それが無理と悟るやマデックは態度を豹変させ、今度はベンに罪をなすりつけるべく、銃で脅して下着一枚にさせると、そのまま荒野に放り出す。
 そして炎天下の中でベンが衰弱死するのを楽しく見届けようと監視を始めるマデックだったが。(「allcinema」より)


 狩猟に出かけ、誤って人を撃ってしまったマデックという男が、事故をもみ消すため、同行したトレッキング・ガイドのベンの口を封じようとする。

 最初は金を払おうとするが、それが無理だと判ると、パンツ一丁にして灼熱の砂漠に放り出す。

 日中は50度以上もなるという灼熱の中、ベンは歩かされ、マデックはそれを眺めている。

 果たしてベンはマデックの手から逃れ、窮地を脱することができるのか。


 マデックを演じたのは、「ウォール・ストリート」のマイケル・ダグラス。
 ベンを演じたのは、「戦火の馬」のジェレミー・アーヴァイン。


 ストーリーとしては、それ程凝った感じではなかったが、何もない砂漠に放り出され、そのままでは、肌が焼けて死んでしまうという状況下に置かれることとなるベンのサバイバル劇。

 自分で手を下さず、相手を殺せるという、ある意味完全犯罪になりそうな感じではある。

 さすがに砂漠の上を逃げるだけでは話も続かないので、ベンは砂漠に隠されたもので、窮地を脱しようとする。

 何となく都合のいい展開になったりするのだが、どのような手段で逃げ切るのか気になるところではあった。

 単純な設定の中では、それなりに考えられた展開ではあったかな。

 ただ、その結末は意外とアッサリした感じだな、と思っていたら、最後にもう一展開あるんだな。

 しかし、最後の展開は今ひとつ、マデックの行動に納得いかないものあったな。
 犯罪を隠すというより、ベンに対する怒りだけで行動したのかな。


 単純なストーリーで、ちょっと都合のいい展開もあったが、飽きが来る前に程よくまとめて、設定にしては、意外と面白い作品であった。

/5 

監督:ジャン=バティスト・レオネッティ
出演:マイケル・ダグラス、ジェレミー・アーヴァイン
    ハンナ・マンガン・ローレンス、ロニー・コックス、パトリシア・ベスーン
於:シネマート新宿
BEYOND THE REACH
Lions Gate


Amazonアソシエイト by BEYOND THE REACH の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
追撃者
アメリカ南西部モハーベ砂漠。 日中には気温50度を超え、町まで150キロ離れた広大な砂漠地帯でトレッキング・ガイドをする青年ベンは、狩猟目的の大富豪マデックの案内を引き受ける。 しかし、狩猟ポイントで発砲したマデックの銃弾に倒れたのは、ベンと顔見知りの男だった。 事件発覚を恐れたマデックは豹変し、通報しようとするベンを素っ裸にして砂漠に放り出す…。 サスペンス・スリラー。 ...続きを見る
象のロケット
2016/05/27 06:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-103「追撃者」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる