CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-098「テラフォーマーズ」(日本)

<<   作成日時 : 2016/05/09 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

火星のゴキブリを駆除してください
 21世紀、人口爆発が深刻化する地球では火星移住が計画され、火星の過酷な環境を地球化するためにコケとゴキブリが移植された。
 それから500年。計画の仕上げのため、小町小吉たち15人のワケあり日本人が火星に送り込まれる。しかし彼らがそこで目にしたものは、黒光りした人型の巨大生物だった。その生物こそ、500年の間に異常進化したゴキブリの姿だった。
 テラフォーマーと名付けられた彼らは、高い身体能力とパワーに加え、互いに意思疎通もできる知性を持ち合わせ、侵入者である人間を次々と瞬殺していく。
 そんな絶体絶命の中、人間側にもある秘策があることが明らかとなる。隊員たちにはそれぞれ昆虫のDNAが組み込まれており、その昆虫が持つ超人的な特殊能力を発揮することができるのだった。
 騙されたことに怒りながらも、昆虫パワーでテラフォーマーに立ち向かっていく小吉たちだったが。(「allcinema」より)


 人気コミックを実写映画化した作品。
 「神さまの言うとおり」「極道大戦争」の三池崇史監督の最新作。


 人類が火星へのテラフォーミング(移住計画)を立てている中、ある目的のため火星へと送り込まれた15人の日本人たちが、思わぬ状況に陥る様を描いたSFアクション。


 人間が火星を地球化しようと移植したゴキブリが異常進化し、人型生物となっていた。
 しかも近づく人間たちを一瞬にして殺害する高い戦闘能力も持っている。

 火星に送り込まれた小町小吉たちは、そんな生物の存在も知らず、目の前に現れた生物(テラフォーマー)に驚愕する。


 普通、未知の生物と遭遇する話だと、予兆らしきものがあったりするのだが、本作は潔く、すぐにその姿を見せる。

 しかも、メイン・キャストと思われる人物も瞬殺されてしまうという意外な展開でことが始まったりする。

 そして、すぐにテラフォーマーたちと人間たちとの対決へと進んでいく。


 小町たちを火星へ送り込んだ、科学者の本多は、この事態を知っていたのか、小町たちにバグズオペレーション(人為変種手術)を施し、昆虫のDNAを組み込み、注射による服薬で、昆虫の特性を活かした超人的能力を発揮できるようにしている。

 その能力でテラフォーマーたちと闘う小町たち。
 能力を活性化するために注射で薬を射ち込んで闘うのだが、そんな様子は、どこか「PERSONA3」に似ているなと感じたな。

 それぞれが何の虫の能力を宿しているのかを説明してくれるところは、ちょっと興味深かった。


 物語はほぼ闘いの様子を描いているが、その中で別の目的を持って行動している者などが存在し、裏切りなども発生し、ちょっと物語に変化を見せている。


 本多の思惑に振り回され、テラフォーマーたちが迫り来る中、果たして小町たちは生き残り、地球へ帰ることができるのか。


 テラフォーマーたちは人の形へと進化しているが、その力は人間以上のもの。
 人間の頭を簡単に潰したり、手で切り落としたりできる。
 グロテスクというか直接的な破壊シーンが多かったな。


 色々と人間模様も映し出したりしていたが、基本的にはテラフォーマーと変異する人間たちの闘いを描いた作品。

 序盤はせかせかしている感じを受けたのだが、中盤以降の展開は戦闘シーンや思わぬ裏切りなどもあって、なかなか盛り上がって、惹き込まれる展開となっていたかな。

 それにしても彼女の使い方はもったいなかったな。

/5

監督:三池崇史
出演:伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、ケイン・コスギ、菊地凛子
    加藤雅也、小池栄子、篠田麻里子、滝藤賢一、太田莉菜、福島リラ、小栗旬
於:丸の内ピカデリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
テラフォーマーズ
そこまで酷いとは思わないが・・・。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/05/22 20:51
テラフォーマーズ
21世紀、人口爆発を迎えた人類は火星への移住を計画し、コケと“ある生物”を送ることによって、火星を地球化させようとした。 …それから500年。 計画の仕上げのために火星に送り込まれた日本人隊員15名の使命は、その生物の駆除だった。 ところが、“ある生物”すなわち“テラフォーマー”は異常に進化しており、何も知らない隊員たちに次々と襲い掛かかってくる…。 SFアクション。 ...続きを見る
象のロケット
2016/05/27 06:57
「テラフォーマーズ」 火星でどつき合い
三池監督は嫌いではないのだが・・・。 どうにもこの作品はあまりいいところを見出せ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2016/07/18 22:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-098「テラフォーマーズ」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる