CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-083「虹蛇と眠る女」(オーストラリア・アイルランド)

<<   作成日時 : 2016/04/24 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最初は黒い者、その次は白い者
 オーストラリアの砂漠地帯にある小さな街ナスガリ。
 2人の子どもと共に都会からこの街に引っ越してきたばかりの夫婦キャサリンとマシュー。思春期真っ只中の早熟な娘リリーに対し、まだあどけなさの残る息子トミーは、夜になると夢遊病者のように近所を徘徊してしまう問題を抱えていた。
 そんなある日、リリーとトミーがまるで神隠しにでも遭ったかのように忽然と消えてしまう。もしこの土地で2、3日も屋外を彷徨うことがあれば命の危険に関わる。地元のベテラン警官レイを中心に懸命の捜索が続くが、なかなか2人の発見には至らない。
 そんな中、夫婦がひた隠しにする家族のある秘密が浮かび上がってくる。
 極度の不安と緊張に加え、周囲からの疑惑の目にも晒され、次第に神経を蝕まれていくキャサリンだったが。(「allcinema」より)


 オーストラリアの砂漠地帯にある街を舞台として、アボリジニの伝説をモチーフとしたミステリー・ドラマ。

 オーストラリア出身のニコール・キッドマンが、25年ぶりだという母国映画に出演。


 そんなニコール・キッドマン演じるキャサリンと、ジョセフ・ファインズ演じるマシューの夫婦は、都会からナスガリという街に引っ越してくるが、ある夜娘のリリーと息子のトミーが家を出て、そのまま行方知れずになってしまう。

 街を上げて捜索する中、やがてキャサリンたち家族の抱える秘密や苦悩が浮き彫りになっていく。


 子供たちが行方不明となった事件は、何故いなくなったのか、どこへ行ったのかと、その顛末は気になるものであった。

 子供たちがいなくなったことで、徐々に精神を病んでいくキャサリン。

 そして明らかになる家族の秘密。

 街に住む老婆が語るアボリジニの伝説も興味深く、どのように話に絡んでくるのかな、と思っていたが、正直事件の顛末は、スッキリする感じのものではなかったな。

 
 アボリジニの伝説もあり、荒涼たる砂漠の風景もどこか幻想的な雰囲気があって、そのあたりは良かったのだが、物語の展開としては、少々スッキリしないところのある作品だった。

/5

監督:キム・ファラント
出演:ニコール・キッドマン、ジョセフ・ファインズ、ヒューゴ・ウィーヴィング
    マディソン・ブラウン、ニコラス・ハミルトン、リサ・フラナガン、メイン・ワイアット
於:ヒューマントラストシネマ有楽町
Strangerland (Original Motion Picture Soundtrack)
Iris Records / Mister Green Music
2015-07-10


Amazonアソシエイト by Strangerland (Original Motion Picture Soundtrack) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-083「虹蛇と眠る女」(オーストラリア・アイルランド) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる