CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-077「闇金ドッグス2」(日本)

<<   作成日時 : 2016/04/14 01:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

私は不幸な星の下に生まれた女なの
 元ヤクザの闇金業者、安藤忠臣。イケメンホストの須藤司を従業員に加え、順調に経営を続けていた。
 そんなある日、優良顧客の岡林から200万円の追加融資を相談され、一括返済を条件に承諾する。ところが結局、岡林は資金繰りに失敗して行方をくらましてしまう。
 そこで、岡林が入れ上げていた場末のスナックのママ、あざみのもとを訪ねる安藤だったが。(「allcinema」より)


 ヤクザの組長から闇金業者となった安藤忠臣と闇金に絡む人間たちの姿を描いたサスペンス・ドラマ「闇金ドッグス」の第2弾。

 主人公の安藤忠臣を演じるのは前作と同じ山田裕貴。
 闇金の極意を伝授した、高岡奏輔演じる小中高志は登場せず。

 前作で少し登場したホスト崩れの、青木玄徳演じる須藤司が代わって目立って登場。


 せっかく1作目を鑑賞しているので、2作目も鑑賞することに。


 元ホストの須藤司を従業員にして、女性客を取り込んで順調に経営を続ける忠臣であったが、ライバルの闇金業者から睨まれてしまう。

 また、いきつけのスナックのママに入れあげてしまっている、岡林という男に大金を貸すが、岡林は返済が出来ずに行方をくらませてしまう。


 ライバルの闇金業者にも騙され、金を巻き上げられてしまう展開もあるが、基本的にはママに騙されてしまった岡林の姿と、そんな岡林に金を貸した忠臣の回収の顛末が描かれる。


 話としては、判りやすく、ストレートな話である。

 果たして、どのような仕掛けで忠臣は、岡林がママに騙し取られた金を回収するのか、というクライマックスは興味深い展開であった。

 まあ、その仕掛けも判りやすいものと言えば、判りやすいものではあったが。

 岡林も、そしてママの娘も、それで騙されてしまうんだな。


 そんなにアッと驚くとかスッキリするとかいう話でもなかったが、人間の愚かさを表していて、面白い内容であった。


 ライバル業者に対しては、どうするのかと思ったが、それは次作にという感じである。

 2作目と3作目は同時に製作されているようで、3作目は夏頃公開するようである。

/5

監督:土屋哲彦
出演:山田裕貴、青木玄徳、黒田大輔、菅野莉央、谷田歩、十貫寺梅軒、波岡一喜、伊藤裕子
於:新宿バルト9
闇金ドッグス2
2016-06-17


Amazonアソシエイト by 闇金ドッグス2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-077「闇金ドッグス2」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる