CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-073「インサイダーズ 内部者たち」(韓国)

<<   作成日時 : 2016/04/09 02:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

モヒートでモルディブでも飲むか
 次期大統領選挙へ向け様々な思惑が入り乱れる韓国政界。
 ミライ自動車のオ会長は、与党の大統領候補に多額の裏金を送り、政治を支配しようと目論む。両者の間を取り持ち、万事を裏で差配していたのが政界の策士、イ・ガンヒ。
 そんな中、ガンヒから汚れ仕事を請け負っていた政治ヤクザのアン・サングが、その裏金を証明するファイルを手に入れる。しかしガンヒの非情な裏切りに遭い、奈落の底へと突き落とされてしまうサング。
 一方、コネも後ろ盾もなく、裏金ファイルの回収に最後の出世の望みを託していた検事のウ・ジャンフン。サングに横取りされたことで、すべての責任を負わされ左遷となってしまうが。(「allcinema」より)


 次期大統領候補の政治家と、裏金を献金する財閥の会長。そして二人を繋げる策士の男。

 彼らの腐敗を明るみに出すために協力する政治ヤクザと若き検事の奮闘を描いたサスペンス。


 当初は策士であるガンヒから汚れ仕事を依頼され、遂行していたアン・サングであるが、ガンヒの裏切りに遭い、片腕を切り落とされてしまう。

 そんなアン・サングにミライ自動車の裏金を証明する帳簿を奪われたため、責任を負わされてしまう検事のウ・ジャンフン。

 諦めきれないウ・ジャンフンは、チンピラに成り下がっているアン・サングに協力を要請し、ガンヒやミライ自動車のオ会長、そして政治家のチャン・ピルの腐敗を暴こうとする。


 正に、下衆の極みと言わんばかりの腐敗ぶりを見せる政治家と財閥の会長。
 そして、その二人を裏で操っているようなガンヒ。

 彼らの腐敗ぶりを際立たせ、アン・サングとウ・ジャンフンが必死で彼らの腐敗ぶりを暴こうと奮闘する姿が共感を与えるような感じになっている。

 二人がどのように腐敗を暴き、溜飲下げさせるのかというところが興味深かったのだが、ことはそううまくいかず、腐敗を暴いたかと思うのも束の間、逆に二人が追い詰められることになる。

 巨大な力の前ではなす術もないのかと思わせ、アン・サングは力業に出て、ついに決着が付くのかと思ったら、またまた思わぬ展開となっていく。


 二転三転する話に先が読めず、なかなか惹き込まれる作品であったし、終盤の展開には騙されてしまったな。

 政治家たちの腐敗ぶりを象徴するような下衆な振る舞いもさることながら、腕を切り落とすところや乱闘シーンなど、ハードなバイオレンス・シーンも満載であった。

 
 ちょっと長いかなと思わせるところもあったが、二転三転する展開には惹き込まれ、最後は驚きと共に溜飲下げさせてくれる作品であったな。

/5

監督:ウ・ミンホ
出演:イ・ビョンホン、チョ・スンウ、ペク・ユンシク、イ・ギョンヨン
    キム・ホンパ、ペ・ソンウ、チョ・ジェユン、キム・デミョン
於:TOHOシネマズ新宿

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-073「インサイダーズ 内部者たち」(韓国) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる