CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-056「デッド・オア・リベンジ」(ジョージア)

<<   作成日時 : 2016/03/17 00:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ゲームをするのが好きなんだろ
 アメリカからコーカサス地方にある国ジョージアにやってきたクリス、アリシア、ダニエルの3人は、トレッキングを楽しんでいた。しかしそこはかつてグルジア戦争時に設置された地雷が残る地域であり、クリスは知らぬ間に地雷を踏んでしまう。
 足を動かすと爆発するため、動くに動けないクリス。それは、三角関係のもつれからダニエルが仕組んだ罠だった。
 そこへ通りがかったイリアは、恋人を助けたい一心のアリシアの弱みにつけこんで、私物や現金を要求。次第に彼の要求はエスカレートし、彼女に下着を脱がせて犬のように取りに行かせた上に、クリスの目の前で彼女をレイプする。
 あまりにも残忍なイリアの所業に絶望と怒りの極限を超えたクリス。
 そして、壮絶な復讐がはじまる。(「KINENOTE」より)


 地雷を踏んで動けなくなってしまった男の話というと、「トラップ」を思い出すが、そちらが戦地での話に対し、本作は、トレッキングにやって来た若者の一人が地雷を踏んで動けなくなってしまう話。

 恋人と関係を持ってしまった友人、クリスを罠にはめ、地雷を踏ませて動けなくさせたダニエル。

 うろたえる恋人のアリシアとクリスを残し、ダニエルは去ってしまう。

 何とかクリスを助けようと奮闘するアリシア。

 そんな二人の前に、地元の男イリアが通りがかり、アリシアは彼に助けを求めるが、状況につけ込んだイリアはアリシアに対し、様々な要求をしていく。

 怒りに震えながらも、動けないクリスの前で、イリアはついにアリシアをレイプする。

 なかなかイリアのねちっこさに苛立ちを感じ、助けなど断ればいいのにと思いながら、クリスの目の前で展開される光景に不快感が募っていく。


 そんな3人のやり取りが展開され、決着がついた後に、更なる物語が展開される。


 復讐が繰り広げられるのだが、ちょっと思ったのは、地雷を踏ませた張本人に対しては、復讐しないのかなということ。

 それはさておいて、終盤は復讐のために、やられたことをそのままやり返すのだが、恐らく復讐を実行していくうちに、気持ちが高ぶってしまったのだろうか、最後は思わぬ結末となってしまう。

 復讐者の放心したような表情が、思わず笑いを誘いそうにもなるが、何とも言えぬ結末だったな。

 
 地雷を踏んで動けなくなったクリスの前で繰り広げられる光景も気持ちいいものではなかったし、復讐自体も途中までは溜飲下げるような感じであったが、最後は何とも言えない気持ちにさせられる。

 物語の行き着く先は気になる作品ではあったが、全体的には、あまり気持ちいい話ではなかったな。

/5

監督:レヴァン・バキア
出演:スターリング・ナイト、スペンサー・ロック、ディーン・ガイヤー
    コート・トロダーヴァ、ヘレン・ネルソン、ナナ・キクナーゼ
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
デッド・オア・リベンジ [DVD]
アメイジングD.C.
2016-03-02


Amazonアソシエイト by デッド・オア・リベンジ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-056「デッド・オア・リベンジ」(ジョージア) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる