CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-046「珍遊記 ちんゆうき」(日本)

<<   作成日時 : 2016/03/02 00:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

浪饅頭飛行
 天竺へ向け旅をしていた坊主の玄奘。ある日、偶然立ち寄った家で老夫婦の悩みを聞き、2人が手を焼いているという天下の不良少年・山田太郎の更正を請け負ってしまう。
 こうして恐るべき妖力を封印された太郎と玄奘は一緒に天竺を目指すのだったが。(「allcinema」より)


 人気ギャグマンガ「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜」を実写映画化した作品。

 冒頭で、本作は中国の有名な伝記を真似てません、なんてナレーションを入れるが、もちろんそれもギャグで完全にパロッた作品である。

 玄奘が旅に連れることになるのが、天下の不良少年、山田太郎。
 法力でその妖力を封印するが、態度の悪さは変わらず、仕方なく一緒に天竺を目指すことにする。

 そんな二人が訪れた町で大騒動が繰り広げられる。


 早々に、チ○コだのオナラなどという言葉が口にされ、何となく先が予測できるような始まりである。

 原作は読んだことはないが、結構思い切った下品さを前面に出すギャグマンガなんだろうな。

 まあ、チ○コやウ○コ、それにオナラとなると、下品ながら、笑わせるのには簡単な方法かもしれないな。


 玄奘と太郎が訪れた町に龍翔というイケメンがいるのだが、実は太郎に積年の怨みを抱いている。
 太郎に対して復讐を目論んでいるが、思わぬことが起こり、それがまた笑いを誘う要因を作り出している。

 どう見ても龍翔は腕っ節に覚えがあるようには見えないので、どんな対決になるのかなと興味惹かせたが、その顛末もある程度予測できたものかな。

 龍翔の秘密は、猪八戒を思い出させるものがあり、もしかすると最後は旅のお供をすることになるのかなと思ったりしたのだが。


 ギャグも下品なもの以外も、もちろんあるのだが、ストレートなものが多かったな。
 しかし、そんなストレートなギャグに笑ってしまうのも確かである。

 玄奘が、法力というか呪術のような技を繰り出す時の掛け声が、意外と面白い。
 FAX!≠ニいうのが密かに面白かったな。

 ツボにはまったら面白いのだろうが、合わない人には全くダメな感じのするギャグ映画だった。


 ナレーションにあたっていたのが、「鷹の爪」シリーズのFOGMANだったのに、ちょっと驚き。
 「鷹の爪」でのキャラではかなり作った声なのか、本作のナレーションはなかなかいい声だったな。

/5

監督:山口雄大
出演:松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一
    ピエール瀧、板尾創路、矢部太郎、今野浩喜、おおかわら、アイアム野田
於:新宿バルト9
珍遊記 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2016-08-03


Amazonアソシエイト by 珍遊記 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
珍遊記
【概略】 天竺を目指して旅を続ける玄奘は、偶然出会った老人に不良少年・山田太郎の更生を頼まれる。太郎の恐るべき妖力を封印した玄奘は、なぜか彼を引き取ることになってしまい…。 コメディ ...続きを見る
いやいやえん
2016/08/07 07:56
珍遊記
天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘は、偶然立ち寄った家のじじいとばばあから、天下の不良少年・山田太郎を更生させて欲しいと頼まれる。 宝珠の力で太郎の恐るべき妖力を封印し、嫌々ながらも太郎と共に旅をする羽目に。 途中、龍翔という男と出会うが、彼は以前から山田太郎に恨みを抱いていた…。 ギャグコメディ。 ...続きを見る
象のロケット
2016/08/07 12:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-046「珍遊記 ちんゆうき」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる