CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-031「デビルズ・シティ」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/02/13 11:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

兆しはそこら中に見受けられる
 貸しアパートに住むヴァインは、実は人間に姿を変えた悪魔だった。悪魔は人間の不幸をエネルギーにして生きながらえていた。
 そんな中、アパートに住む少女サラを助け、ヴァインは悪魔にはないはずの優しさや愛情に目覚める。
 しかしそのせいで悪魔たちは飢え、悪魔と人間との均衡が崩れ始め、ヴァインは重大な決断を迫られる。(「KINENOTE」より)


 人間の住む世界のあるアパートには、人間の姿をした悪魔たちが住んでいる。

 同じアパートには人間も住んでおり、悪魔たちはその人間の不幸をエネルギーとして生きていた。

 悪魔の一人、ヴァインが一人の少女、サラに悪魔に有り難き愛情を持ったことから悪魔の世界と人間の世界のバランスが崩れ、ヴァインたち悪魔は窮地に陥っていく。

 人間界に住む悪魔たちを主人公としたホラー・ファンタジー。


 なかなか設定は面白い作品であったが、人間界に住む悪魔たちがもっと激しい闘いを見せるアクションかと思っていたので少々肩透かしな感じも受けたかな。

 これまで憎悪や嫉妬にまみれていた人間たちが一夜のうちに幸せになり、全く不幸のエネルギーを発しなくなったことにより、悪魔たちは飢えを感じ始めてしまう。

 しかも、何故かアパート内に閉じ込められてしまう。

 二進も三進もいかなくなった悪魔たちは互いに対立するようになっていく。


 他の悪魔たちから責められながらも、サラを護ろうとするヴァイン。

 果たして、ことの成り行きはどうなるのかと気になるところではあったが、予言がどうのこうのや、悪魔の中にある心情を表したりし、更に幻想的な展開になったりするなど、悪魔の造型は多少おどろしい感じではあったが、どろどろした雰囲気はなかったな。

 悪魔同士が殺し合うシーンもあるにはあったが、それは人間のような闘いであった。


 悪魔のヴァインと人間の少女サラとの交流なども描かれ、ファンタジックな要素の強い作品だったな。


 物足りない感じの展開ではあったが、人間界に紛れ込み、共存している悪魔たちという設定とアパート内での雰囲気は興味深い作品であった。

/5

監督:トム・ウッドラフ・Jr
出演:ダニエル・チャクラン、ハリー・シャム・Jr、クリスティン・ミンター、マット・ウィンストン
    メアリー=マーガレット・ヒュームズ、エリック・エドワーズ、トバイアス・イェリネク
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
デビルズ・シティ [DVD]
アメイジングD.C.
2016-04-02


Amazonアソシエイト by デビルズ・シティ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
デビルズ・シティ
【概略】 ヴァインは仲間の悪魔と人間の姿で貸しビルに住んでいた。ある日、ヴァインは少女・サラを助けるが、本来悪魔にはない感情が出てしまい…。 ダークファンタジー ...続きを見る
いやいやえん
2016/11/25 14:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-031「デビルズ・シティ」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる