CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-028「パラドクス」(メキシコ)

<<   作成日時 : 2016/02/07 19:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

決して名前を忘れてはいけない
 ある日突然、刑事と犯罪者の兄弟、家族4人が出口のない空間に閉じ込められた・・・。
 刑事と兄弟が足を踏み入れたビルの非常階段。そこでは1階を下るとなぜか最上階の9階が出現、何度下っても同じ9階に辿り着いてしまう。
 一方、家族4人が迷い込んだのは荒涼とした大地が続く中の一本道。真っ直ぐ車を走らせても、どうしても同じ道に戻ってきてしまうのだった。(「作品資料」より)


 刑事と、その刑事に追われた犯罪者兄弟がアパートの非常階段に踏み込むが、1階まで下りると出口がなく、再び最上階の9階になってしまう。
 刑事と兄弟は出口も見つからず、繰り返される階段で時間を費やすことになる。

 また、旅行に出かけた家族4人は、真っ直ぐ続く道で車を走らせるが、どれだけ行っても同じ場所に戻ってしまう。

 出口のない空間で過ごすことになった刑事と兄弟、家族4人が何とかループする空間から脱け出そうとする様子を描いたSFサスペンス。


 とりあえず設定は面白いサスペンスで、理由は判らないが出口のない空間に閉じ込められることとなった二組の様子を映し出していく展開。

 家族4人の場合は、閉じ込められているわけではなく、荒涼とした大地の一本道を車で走っているのだが、どれだけ走っても同じ場所に戻ってくるというもの。

 二組は抜けられずにいるだけでなく、兄弟の兄は刑事に銃で撃たれて重傷を負い、家族の中の娘はぜんそくの発作を発症し、薬が切れてしまう。

 そんな危険な状況で、果たして彼等は無限ループから脱け出せるのか、というところが注目。


 しかし、いきなり時間が35年も過ぎるというのは驚いたな。

 無限ループにいても歳はとるようで、刑事や父親、母親は老人に、子供たちはすっかり中年となっている。

 
 いったいどのような結末となるのだろうと興味は沸くのだが、クライマックスの展開で、冒頭に現れた花嫁姿の老婆などに話が繋がっていったりするものの、正直ちょっと判り難い決着だったな。

 ラスト近くになって、急に老人となった者たちが全てを思い出すように語り、ループの原因と脱出法が判りそうになるのだが、その語っていることも、その後残った者たちが変わっていく様も、微妙にスッキリしなかったな。


 無限ループに陥る設定と登場人物たちの様子には面白いものがあったが、何か科学的、哲学的、あるいはもっと何かしらに依った話だったのかもしれないが、今ひとつハッキリしないところのある作品だったな。

/5

監督:イサーク・エスバン
出演:ウンベルト・ブスト、エルナン・メンドーサ、ハーナン・メンドーサ
    ネイレア・ノーヴィンド、ラウル・メンデス、マグダ・ブルゲンヘイム
於:ヒューマントラストシネマ渋谷

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パラドクス
【概略】 刑事に追われた兄弟が非常階段に逃げ込んだ。刑事はふたりを追うが、1階の階段を下ると、そこは最上階の9階だった。夢なのか現実なのかも分からない、ループする空間から脱出しようとするが…。 スリラー ...続きを見る
いやいやえん
2016/02/10 14:58
パラドクス/EL INCIDENTE/THE INCIDENT
未体験ゾーンの映画たち2016にて。 シッチェス映画祭ほか40部門正式出品、15部門受賞 海外批評サイト、ロッテントマトで91%が面白いと支持 (現在は81%) ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2016/02/19 21:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-028「パラドクス」(メキシコ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる