CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-027「ラバランチュラ 全員出動!」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/02/06 00:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

映画のヒーローは現実の世界でもヒーロー
 今から20年前に主演映画が大ヒットし、一躍スターとなったコルトン。ところが今では、当時の面影も失われ、なんとかB級映画に出演させてもらっている始末。しかし、過去の栄光が忘れられないコルトンは、その日もスタッフと衝突。撮影現場を飛び出してしまう。
 怒り心頭のコルトンがロスのハイウェイを走っている最中、突然の大きな地響きと共に、サンタモニカ山地の火山が噴火する。しかもこの噴火は、ただの災害ではなかった。
 街中に降り注ぐ火山弾から姿を現したのは、なんと溶岩を吹き出す巨大なクモ。必死に市民たちを避難させようとするコルトンだったが、人々は映画の撮影と勘違いしてしまい。(「KINENOTE」より)


 火山の噴火と共に突然現れた溶岩を吐く蜘蛛にロスの街が襲われ、人々を助けるため奮闘する俳優たちの活躍を描いたパニック・ムービー。

 主人公の俳優、コルトンを演じたスティーヴ・グッテンバーグなど「ポリスアカデミー」の出演者たちが登場。

 と言っても、「ポリスアカデミー」は観ていなかったので、そのあたりはよく判らなかったな。


 20年前はヒーローを演じ、人気俳優だったコルトンは、今やすっかり落ち目のB級俳優。

 そんなコルトンの前に、突然溶岩を吐く巨大蜘蛛が現れ、ロスの街を襲撃する。

 人々を助けるため、また街に出かけている息子を助けるため、コルトンはロスの街へと向かい、溶岩を吐く巨大蜘蛛、ラバランチュラと対決する。


 ラバランチュラの造型は、結構本格的なもので、パニック・ムービーとしてシリアスな映像だったな。

 コルトンが必死で人々を避難させようとしているのを、観光客たちは映画の撮影と勘違いしたり、ロスの街が舞台ということで、結構映画ネタの笑いも多かった。

 要は、パニック・コメディ・ムービーということ。


 息子を救うために闘うコルトン。そしてその奥さんもなかなかの猛者である。

 息子は想いを寄せる女性や仲間たちと一緒にいるのだが、ラバランチュラに襲われ、危機一髪。
 窮地を共に過ごすことで、息子と彼女は急接近となるのだろうと思っていたが、思わぬ展開にちょっと驚き。


 クライマックスの対決は、かつての栄光を取り戻すかのような闘いを見せるコルトン。
 映画俳優として、父として、夫として、自分を取り戻そうとするかのような闘いに、ちょっと笑い、ちょっと感心する展開である。


 パニック・ムービーとしても本格的であったし、随所に挟まれる映画ネタや小ネタで笑わせてくれる映画で、なかなか面白い作品であった。

/5

監督:マイク・メンデス
出演:スティーヴ・グッテンバーグ、マイケル・ウィンスロー、マリオン・ラムジー
    ニア・ピープルズ、レスリー・イースターブルック、パトリック・レナ
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ラバランチュラ 全員出動!』をHTC渋谷2(7F大)で観て、虫でシャークネードだふじき★★★★
五つ星評価で【★★★★スティーブ・グッデンバーグがいまやブルース・ウィリス】 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2016/02/07 21:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-027「ラバランチュラ 全員出動!」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる