CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-298「沈黙の制裁」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/01/01 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

死ぬ前に一つ、いいことをしたい
 裏社会で傭兵として生きてきたジョン・アレキサンダーは、かつてCIA時代の仲間だったヴァン・ホーンからある男性の始末を依頼され、ウクライナのオデッサへ向かった。
 無事に男を始末し依頼完了…のはずが、街で女性を助けたことで闇組織に追われることになってしまう。実はその組織のボスは、今回の元依頼主だったのだ。
 ヴァンを通じて女性を返還するよう言われるジョンだが、これまでの自分を省み、女性を助けることにする。(「allcinema」より)


 無敵のオヤジ、スティーヴン・セガール主演の最新作。

 共演に「沈黙のSHINGEKI 進撃」に続いてヴィニー・ジョーンズ。

 最近のセガールは、ちょっと悪党ではあるが、正義を実行するという役柄が多い気がするな。


 傭兵として生きる、セガール演じるジョン・アレクサンダーは、かつての仲間の依頼で一人の男の暗殺を実行する。
 
 暗殺は成功するが、逃げてきた女性を助けたことで、逆に追われる身となってしまう。
 中国人らしき相棒と共に組織に挑むこととなり、それはCIAを巻き込んだ争いとなっていく。

 ジョンの回想シーンで女性の面影を感じさせる描写もあるが、そのあたりはハッキリさせないまま物語は展開していく。


 ジョンは潜伏先を急襲されたり、立ち回り先に敵が現れたりという危機が続くが、何となく見ていても安心感のある闘いだったな。

 ジョン自身の身には安心感あるが、逆に仲間はかなり危険な目に遭ったりするが。


 結局、ジョンを狙ったボスというのは何者だったのだろうか。

 最後は、約束どおりなのか、助けた女性と仲睦まじくなるジョン。


 まあ、いつもどおりのセガール節炸裂という感じで、安心感あるバイオレンス・アクションではあったかな。

/5

監督:キオニ・ワックスマン
出演:スティーヴン・セガール、ヴィニー・ジョーンズ、バイロン・マン
    ラウロ・チャートランド、ジョシュ・バーネット、マッシモ・ドブロヴィッチ、ハワード・デル
於:シネマート六本木
沈黙の制裁 [DVD]
アメイジングD.C.
2015-05-02


Amazonアソシエイト by 沈黙の制裁 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-298「沈黙の制裁」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる