CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-297「ブラック・シー」(イギリス・ロシア)

<<   作成日時 : 2016/01/01 17:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

海に行ったことあるか
 海洋サルベージの専門家ロビンソンは、11年間も勤めた会社から突然のクビを宣告され途方に暮れる。そこへ、昔の仕事仲間から思いがけない情報が寄せられる。
 第二次大戦中に莫大な金塊を積んだドイツ軍のUボートが黒海に沈み、未だに発見されていないというのだ。
 そして仲立ちをするダニエルズのプランに飛びつき、一攫千金を狙うイギリスとロシアの男たちが乗る老朽化したロシア製潜水艦の艦長として危険な金塊探しへと繰り出すのだったが。(「allcinema」より)


 黒海グルジア沖に沈められたという噂のドイツ軍の金塊を見つけ出し、引き上げるために雇われた男たちの運命を描いた海洋サスペンス。

 一攫千金を狙うのは、会社からクビを切られ、行き詰ってしまった、ジュード・ロウ演じるロビンソンたち。

 更に謎のロシア人たちが乗り込んでくる。

 どことなく不穏な空気が漂う艦内。
 もちろん無断航行ということで周囲にも注意しなければいけない中、様々な困難が立ちはだかってくる。

 なかなか緊迫感が漂う作品で、やっぱり閉鎖された空間の中での緊迫感があり、潜水艦モノというのは緊張感が高まる。


 果たして本当に金塊はあるのだろうかという疑念は大きかったが、その後の展開も果たして生き残れるのかという緊迫感が高まっていく。


 乗組員の思惑も交錯して、どのような結末となるのか予測できず、最後まで飽きさせない作品だった。

/5

監督:ケヴィン・マクドナルド
出演:ジュード・ロウ、スクート・マクネイリー、ベン・メンデルソーン、デヴィッド・スレルフォール、マイケル・スマイリー
    コンスタンチン・ハベンスキー、セルゲイ・プスケパリス、グリゴリー・ドブリギン、セルゲイ・コレスニコフ
於:新宿武蔵野館

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブラック・シー
【概略】 ロビンソンはある日突然、会社からクビを言い渡される。そんな矢先、彼は莫大な金塊を積んだドイツ軍のUボートが黒海に沈んだままだと聞く。 スリラー ...続きを見る
いやいやえん
2016/07/11 14:53
ブラック・シー
沈没船の引き揚げ回収をする海洋サルベージ会社に11年間勤務してきたロビンソンは、突然クビを言い渡され途方に暮れる。 その前も海軍に15年いた彼は、陸(おか)で働くことなど考えられなかった。 そんな時、莫大な金塊を積んだナチスドイツの潜水艦Uボートが、黒海グルジア沖に沈没したままになっているという情報を聞きつける。 オンボロ潜水艦を手に入れたロビンソンは、急ごしらえのチームを結成するが…。 海洋アドベンチャー。 ...続きを見る
象のロケット
2016/07/13 15:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-297「ブラック・シー」(イギリス・ロシア) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる