CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-295「アナベル 死霊館の人形」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/01/01 17:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

魂を奪うには、人間の承諾が必要
 仲睦まじい夫婦ジョンとミア。ジョンは出産を控えたミアにビンテージの人形をプレゼントする。我が子の誕生を待ちわび、幸せな日々を送る2人だったが、思いも寄らぬ事件に巻き込まれる。
 ある日、隣家の老夫婦がカルト信者の男女に惨殺される事件が発生し、犯人がミアにも襲いかかってきたのだ。間一髪で男は警官に射殺され、女のほうはミアの人形を抱いて自殺した。
 以来、夫婦は次々と不可解な出来事に見舞われる。無事に女の子が生まれた夫婦は、忌まわしい記憶の残る家を後にし、新天地へ引っ越すことに。
 ところが、新しい家で荷物を整理していた2人の前に、なぜか捨てたはずの人形が出てきて。(「allcinema」より)


 「死霊館」に登場したアナベル人形にまつわる恐怖を描いたスピンオフ。
 
 アナベルが呪われた人形となる過程を描いており、今回ウォーレン夫妻は登場しない。


 ジョンとミアの夫婦が暮らす部屋に侵入し、凶行に及ぼうとする、カルト信者の男女。

 危ういところで男は警官に射殺され、女は部屋にあった人形のそばで自殺する。
 そして、その血が人形にしみ込む。
 その自殺した女の名前がアナベルだったんだな。

 てっきりそのアナベルの霊がミアたちを襲うのかと思ったら、話は違う方向へと進んでいく。

 アナベルは媒介という存在だったのかな。


 驚かせるシーンは結構あって、体は緊張してしまう。

 ミアと娘がどんどん追い込まれていくが、魔王は偽りの王、人間を欺く≠ニいう言葉を聞き、夫も怪しく感じてしまう。

 夫婦はエイブルという女性と親しくなり、彼女がお祓いか何かで活躍するのかと思ったら、これまた意外な方向へ。

 クライマックスはちょっと泣かせる展開になってくる。

 神父の最初の言葉も活きてくる。


 なかなか驚かされるシーンも多くて、緊張してしまうのだが、何と言ってもアナベル人形の見た目が怖かったな。
 あんな人形、よく飾ることができるな。


 冒頭とラストシーンは「死霊館」と一緒だったかな。

/5

監督:ジョン・R・レオネッティ
出演:アナベル・ウォーリス、ウォード・ホートン、アルフレ・ウッダート、トニー・アメンドーラ、ケリー・オマリー
    ブライアン・ホウ、エリック・ラディン、イヴァル・ブロガー、ガブリエル・ベイトマン、サシャ・シェルドン
於:新宿ピカデリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アナベル 死霊館の人形
【概略】 出産を控えた妻のミアに、ビンテージ人形をプレゼントしたジョン。そんなある日、隣家の夫婦を惨殺したカルト信者の男女がミアに襲い掛かる。 ホラー ...続きを見る
いやいやえん
2016/06/27 15:01
アナベル 死霊館の人形
ジョンは、出産を控えた妻のミアにビンテージ人形をプレゼントする。 だがその後、次々と奇妙な事件が起こり始めた。 幸いにも難を逃れたミアは女の子を出産し、一家は引っ越すが、荷物から捨てたはずの人形が現われる…。 ホラー。 ...続きを見る
象のロケット
2016/06/27 17:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-295「アナベル 死霊館の人形」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる