CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-284「全力スマッシュ」(香港)

<<   作成日時 : 2016/01/01 17:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

肩から腕へ
 かつてバドミントンの花形選手として活躍しながらも、プライドの高さと短気な性格が災いしてバドミントン界から永久追放の処分を受けたサウ。7年連続チャンピオンという並外れた実績を持ちながらも以来10年、目標を失い、兄が経営するレストランで雑用をこなす毎日を送っていた。
 そんなある日、かつて自分のアシスタントだった人気選手とのトラブルから自己嫌悪に陥ったサウは自殺を図るが、九死に一生を得て不思議な幻覚を見る。
 その直後に出会ったのは、個性的な中年男4人組。そのメンバーは、酔っぱらいのバトミンドン師匠チッ・クンクワン、片腕のラム・チウ、弱視のマー・クワンと強盗事件の主犯で最も危険なリーダーのラウ・タン。
 若い頃、強盗を繰り返して刑務所に送られた彼らは、出所後、更生して“ラウ・タン バドミントン同好会”を結成。日々トレーニングに励んでいたが、小学生にも敗れる始末だった。勝利を切望する彼らはサウに教えを乞う。
 その純粋な気持ちに触れてコーチを引き受けたサウは、徐々にかつての輝きを取り戻してゆく。(「KINENOTE」より)


 かつてバドミントンの女王と君臨していながら、暴力事件で追放処分となっていたサウが、元犯罪者で今はバドミントンで更生を図ろうとする3人組と出会い、再びバドミントンに取り組んでいく様を描いたスポーツ・コメディ・アクション。

 サウを演じたのは「ドリーム・ホーム」のジョシー・ホー。


 最近、日本もバドミントンが強くて、メジャーになりつつあるスポーツであるが、やっぱり地味な感じは拭えなかったかな。

 CGを駆使した練習シーンや、試合でのシーンは映像的には見た目迫力ある感じではあるが、実際はそんなものかなという感じであった。


 最初は再びバドミントンをすることに抵抗感のあったサウであるが、ラウたちの情熱に負け、再びラケットを握ると共に、ラウたちとチームを組んでトーナメントに出場することとなる展開。

 それぞれが、どん底の生活からの再起を賭けて試合に挑むことになる。

 元犯罪者たちのチームということで、世間から注目されると共に、敵視される存在となるチーム。
 そんな逆境の中、サウたちは試合に挑み、勝ち続けることができるのか。


 人生のどん底にあった人々がスポーツを通して再生していこうとする展開は、王道ながらも興味深く、応援したくなるような話ではある。

 ただ、クライマックスでの展開が結局犯罪に関わってしまうというのは、ちょっと残念なところがあったな。

 恐らく期待した結末とは程遠いものに感じるだろう。

 
 やっぱり地味な感じが拭えず、大掛かりなアクションも限られた空間となるので、もう少し話の展開で惹き込んで欲しい感じがしたな。
 クライマックスの展開と結末が、これで終わるのかという少々残念な作品だった。

/5

監督:デレク・クォック、ヘンリー・ウォン
出演:ジョシー・ホー、イーキン・チェン、ロナルド・チェン、エドモンド・リョン
    ウィルフレッド・ラウ、スーザン・ショウ、シュー・ヤムヤム、アンドリュー・ラム
於:新宿シネマカリテ
全力スマッシュ [DVD]
ポニーキャニオン
2016-03-02


Amazonアソシエイト by 全力スマッシュ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
全力スマッシュ
【概略】 試合中に暴力事件を起こしてバドミントン界から追放されたサウは、目標もなく毎日を送っていた。そんなある日、彼女は強烈な個性を持つ4人組に出会い…。 コメディ ...続きを見る
いやいやえん
2016/03/15 14:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-284「全力スマッシュ」(香港) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる