CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-279「天空の蜂」(日本)

<<   作成日時 : 2016/01/01 17:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

ここにいる、沈黙する人間への警告
 1995年8月8日。その日、完成した最新鋭超巨大ヘリ“ビッグB”の自衛隊への引き渡しの日を迎え、開発者のヘリコプター設計士・湯原は妻子とともに式典に参加していた。
 すると突然、ビッグBが勝手に動き出し、息子の高彦を乗せたまま福井県にある原子力発電所“新陽”の真上でホバリングを始めた。ビッグBは、“天空の蜂”と名乗るテロリストによって遠隔操作でハイジャックされてしまったのだ。
 犯人は政府に対し“日本全土の原発破棄”を要求し、従わなければ、大量の爆発物を搭載したビッグBを原子炉に墜落させると宣言する。
 残された時間はヘリの燃料がなくなるまでのあと8時間。湯原は、同じ会社の同期で新陽を設計した三島と協力し、高彦の救出とビッグBの墜落阻止に全力を挙げるが。(「allcinema」より)


 「麒麟の翼 劇場版・新参者」「真夏の方程式」の東野圭吾原作のサスペンス・アクション。

 東野圭吾の作品としては珍しいジャンルじゃないかなという最初の印象。

 最新鋭の巨大ヘリビッグB≠ェ遠隔操作によってハイジャックされ、原発の真上へと飛んでいく。
 ハイジャック犯の要求は日本全国全ての原発を停止させろというもの。

 この要求が受け入れられなければ、爆発物を積んだビッグBを原発の上に墜落させるという。

 燃料がなくなるまでは、あと8時間というタイムリミットがある中で、ビッグBの設計士、湯原と原発の設計士、三島は警察や自衛隊などと協力し、事態の打開を図ろうと奮闘する。


 湯原の息子の高彦がビッグBに忍び込み、その間にハイジャックされる。
 無人のビッグBの中、高彦のみが取り残されて飛んでいく。

 8時間のうちに高彦をどう救出するのかという話がメインなのかと思ったが、子供の救出劇は早めに展開される。


 その後は、ビッグBをいかに落とさず、更に原発を停止させずにおくかという政府や湯原たちのやり取りが描かれ、並行して犯人を見つけ出そうとする警察の捜査が描かれる。


 自衛隊の決死の作戦敢行などの大掛かりなアクションなど、緊迫した展開が繰り広げられると共に、やはり、らしい人間ドラマが影に潜んでいる。


 そんなに簡単に最新鋭のヘリが遠隔操作で盗めるのか、簡単に機内に入り込めるのかという、きっかけとなるものに疑念は多少あったが、なかなか緊迫感があって、面白いサスペンス・アクションであった。


 原発を対象としたテロと、影に隠された悲劇を描き、今の時代らしいテーマだなと思ったが、原作自体は20年前に書かれたものだったんだな。
 そういう意味でも驚きの作品である。

/5

監督:堤幸彦
出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、柄本明、光石研、佐藤二朗、やべきょうすけ、手塚とおる
    竹中直人、落合モトキ、向井理、永瀬匡、石橋蓮司、松島花、石橋けい、前川泰之、松田悟志、森岡豊
於:丸の内ピカデリー
映画チラシ 「天空の蜂」 江口洋介
松竹


Amazonアソシエイト by 映画チラシ 「天空の蜂」 江口洋介 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『天空の蜂』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、なかなかじゃんふじき★★★
五つ星評価で【★★★堤の癖に】 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2016/02/07 21:41
天空の蜂
【概略】 最新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB”を遠隔操作したテロが発生。犯人の要求は“日本全土の原発の破棄”。ヘリ設計士と原発設計士が、日本消失の危機を止めるべく奔走する。 サスペンス ...続きを見る
いやいやえん
2016/02/08 08:12
天空の蜂
1995年8月8日。 最新鋭の超巨大ヘリ“ビッグB”が遠隔操縦によって突然動き出し、子供を一人乗せたまま福井県にある原子力発電所“新陽”の真上に静止した。 犯人は“天空の蜂”と名乗り、「全国すべての原発の破棄」を要求。 「従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させる。」と宣言する…。 クライム・サスペンス。 ≪巨大ヘリが原子炉に墜落するまで、あと8時間。≫  ...続きを見る
象のロケット
2016/02/08 21:38
映画評「天空の蜂」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・堤幸彦 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/06/26 10:17
『天空の蜂』('16初鑑賞61・WOWOW)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 6月19日(日) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/07/04 21:21
「天空の蜂」 理性と知恵と熱意への信頼
東野圭吾さん原作のテクノロジー・サスペンスです。想像以上に面白い作品でした。サス ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2016/07/09 00:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-279「天空の蜂」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる