CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-021「バレンタインナイトメア」(日本)

<<   作成日時 : 2016/01/27 01:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

一年間、俺たちは狂っていた
 バレンタインの日、学校でイジメにあっていた女子高生・佐山祐子は、校内放送で自らの焼身自殺を中継、“来年のバレンタインにまた会いましょう”との言葉を残して絶命する。
 1年後、祐子の影に怯えるクラスメイトたちは卒業旅行と称し、山奥の廃校を利用した宿泊施設でバレンタインを一緒に過ごすのだったが。(「allcinema」より)


 人気ゲームを実写映画化したという作品。
 流れとしては「ハロウィンナイトメア」と同じような感じかな。


 あるバレンタインの日、女子高生の佐山祐子が焼身自殺を図る。
 そして、1年後のバレンタイン。その佐山祐子の霊によって恐怖に陥るクラスメイトたちの姿を描いたホラー。


 佐山祐子が亡くなってから1年が経ち、再びバレンタインが訪れようとしている頃、一人の転校生、佐藤美奈子がやって来る。

 佐山祐子の影に脅えるクラスメイトたちは、バレンタイン直前、卒業直前に転校してきた美奈子に少なからず恐怖を覚える。

 そんな美奈子とクラスメイトたちは、バレンタインの日に皆で卒業旅行に出かける。

 しかし、旅行先の宿泊施設で佐山祐子らしき女性の姿を見かけ、やがて恐怖に陥っていく。


 佐藤美奈子を演じたのは水谷果穂。
 どこかで見たなと思っていたが、「先輩と彼女」で主人公の親友を演じていた子だった。

 何となくいわくありげに登場する佐藤美奈子。
 旅行前に佐山祐子が自殺した放送室に入り、そこで焦げ後を見つけ、触れた途端に何かが頭の中で見える。

 何か特殊能力があるのか、あるいは佐山祐子が乗り移ったのか。
 旅行に行ってからの美奈子の言動が気になるところであったが、話が進むうちに普通の女の子になっていったな。

 今時の高校生が自分たちで選んだ割には、かなり地味な場所へと泊まる美奈子たち。
 一応、合宿≠ネどと称していたが、要はバレンタインを一人で迎えるのが怖くて、皆で集まっていた感じである。

 しかし、そこでクラスメイトたちは、佐山祐子の霊に脅え、やがて悲劇に見舞われるのだが、怖さという点ではかなり弱め。
 霊らしき祐子の姿が結構クッキリしていたことと、クラスメイトたちの身に起こることが、これまたかなり現実的なもの。

 本当に霊の仕業なのか、それともクラスメイトの誰かが行っているのか。


 登場人物は高校生たちで、ほぼ知らない若手俳優ばかり。
 演技の拙さと恐怖シーンのインパクトも弱いので、ちょっとホラーとしては物足りない作品だったな。

/5

監督:今野恭成
出演:水谷果穂、芋生悠、宮城孔明、櫻井圭佑、熊谷魁人、草川直弥、佐々木萌詠
    藤井衣瑠花、小嶋結里亜、掛川冬馬、安田帆花、竹村佳奈、橋野純平
於:渋谷ユーロスペース
VALENTINE NIGHTMARE バレンタイン ナイトメア [DVD]
ブロードウェイ
2016-02-03


Amazonアソシエイト by VALENTINE NIGHTMARE バレンタイン ナイトメア [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-021「バレンタインナイトメア」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる