CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-017「ベテラン」(韓国)

<<   作成日時 : 2016/01/21 00:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 2

金がなくても警察として恥じないようにしろ
 広域捜査隊を率いるソ・ドチョルは、正義感に溢れた熱血刑事。
 ある日ドチョルは、かつて世話になったトラック運転手のペが、シンジン物産を訪れた直後に自殺を図り重体になったとの知らせを受ける。彼の息子から話を聞きいたドチョルは事件の臭いを嗅ぎとり、独自に調査を始める。
 やがて巨大財閥シンジン・グループの御曹司チョ・テオが事件に深く関わっていると確信するドチョルだったが。(「allcinema」より)


 「生き残るための3つの取引」「ベルリンファイル」のリュ・スンワン監督の最新作。


 ソ・ドチョル属する警察の広域捜査隊の面々が、広大な権力を持つ大財閥の御曹司に立ち向かっていく姿を描いたサスペンス・ドラマ。

 広域捜査隊の面々は武闘派ということで、犯人逮捕時には激しい暴力も厭わず、ということで、バイオレンス・アクションも見どころとなっている。


 そんなドチョルたちが立ち向かうのが、大財閥、シンジン物産の御曹司チョ・テオ。

 相手にするのが、裏組織などではなく、見た目には普通の会社。
 そこの御曹司のチョ・テオはやりたい放題の振る舞いを見せ、人を傷つけることなど意に介さない。

 ドチョルの知り合いであるトラック運転手がシンジン物産の建物内で自殺を図ったと知り、ドチョルは担当外と知りながらも独自で調査を始め、やがてシンジン物産から標的にされてしまう。


 大財閥というのは、中身は裏組織と似たようなものなのか。

 多くの伝手があり、それは警察上層部にまで及び、ドチョルの捜査に大きな障害となってくる。

 そんな障害にも負けず、正義のために立ち向かうドチョルと広域捜査隊の面々の様子が、時にコミカル、時に激しく描かれ、なかなか惹き込まれる作品だった。


 勧善懲悪の話なので、最後はスッキリさせるのだが、それまでの障害があまりにも大きく、果たしてドチョルはどのような方法でチョ・テオを追い詰めていくのか、気になる展開であった。

 チョ・テオの悪辣ぶりも際立っており、余計にドチョルたちに肩入れするような形になっていたな。


 正に正義と悪の対決で、それをリュ・スンワンらしい激しい暴力シーンなども交えて描き、面白い作品だった。

 大財閥の内側ってこんなにも悪辣なものなのかな。

/5

監督:リュ・スンワン
出演:ファン・ジョンミン、ユ・アイン、オ・ダルス、ユ・ヘジン、キム・シフ、チャン・ユンジュ、オ・デファン
於:シネマート新宿
ベテラン 韓国映画OST
CJ E&M
2015-08-09
韓国映画サントラ


Amazonアソシエイト by ベテラン 韓国映画OST の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ベテラン』をシネマート新宿1と2で観て、ともかくこんなおもろい映画は褒めん訳にはいかんふじき★★★...
五つ星評価で【★★★★★単にメチャクチャ面白い】 何やってんだよ、みんな、これを見ろよ、と怒りたくなるくらい面白い。 大体、公開チェーンが小さいし、 純粋にガンガン飛ば ... ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2016/01/25 22:45
ベテラン
期待通りの面白さで満足。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/02/02 23:16
ベテラン ★★★★
『生き残るための3つの取引』『ベルリンファイル』などのリュ・スンワン監督による社会派アクション。タブーとされる財閥の横暴に立ち向かう刑事の姿に迫る。正義感の強い主人公を『国際市場で逢いましょう』などのファン・ジョンミンが演じ、財閥の金と権力でやりたい放... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/03/09 16:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやあ、面白くってたまらん。
こういう単純にただ面白い映画に人がいっぱい入ってほしい。
攻める方も守る方もみんなそれぞれ適材適所でいい顔してるんですよねえ。
ふじき78
2016/01/25 22:53
ふじき78さん。

とっても判りやすいストーリーで、手に汗にぎる展開。
面白い作品でした。
悪役がいかにも悪役で、それが主人公たちに肩入れさせる
要素になっていましたね。
CINECHAN
2016/01/29 00:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-017「ベテラン」(韓国) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる