CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-010「フルリベンジ」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/01/11 22:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

暗闇に灯を探している
 麻薬の売人で酒乱の父親に虐待されて育った美しい姉妹のアナとアニーは、陰惨な暴力の嵐に肉体も精神も踏みにじられている。
 ある日、姉妹の家に二人の警官がやって来るが、父親は彼らをチェーンソーで切り刻み殺害する。父親は麻薬組織の助けで逃亡しようとするが、遂に警察に逮捕される。
 一方、森の中に逃げた姉妹は、山小屋で穏やかな生活を送ろうとするが、情報の流出を恐れた麻薬組織のボスと手下どもがやって来る。(「KINENOTE」より)


 実話を映画化したチリ映画を、アメリカでリメイクしたバイオレンス・アクション。

 父親に虐待されていた姉妹のリベンジ・アクションだという謳い文句という感じであったが、実際物語の展開は多少違ったかなという印象。


 姉のアナと妹のアニーは精神的にも肉体的にも、性的にも虐待されており、数年間地獄のような生活を送っていた。

 アナには息子がいて、誰が父親かを想像するのはあまりしたくないが、常に納屋に閉じ込められており、言葉も喋れない様子。


 そんなアナたちの家に、ある日、警官がやって来るのだが、父親はその警官を惨殺し、逃亡するのだが、最終的には捕まってしまう。

 アナはアニーと息子を連れて逃げ出すが、穏やかな生活は送れず、麻薬組織も彼女たちを追い始める。


 アナたちは、麻薬組織と父親から追われる身となるのだが、その理由はちょっと入り組んでいる。

 組織は収監された父親から情報が漏れることを恐れ、手を打とうとするのだが、送られた刺客、更に警官たちがあまりにもお粗末。

 父親は娘たちに対し、歪んだ溺愛をしており、再びその手に取り戻そうとする。

 
 その身を狙われた姉妹の闘いという感じではあるが、彼女たちが虐げられ、泣き叫ぶシーンが多くて、ちょっと気分的にはいいものではなかったな。

 対決するために立ち上がるという感じでもなく、最後に爽快感を得られるような話でもなかった。

 可哀想なのは、途中でアナを助け、恋仲になりそうな男の運命だったな。


 近親相姦やドラッグなど、内容的にはドロドロしたものも多かったが、姉妹が危機に陥るたびに緊迫感は高く、どのように話が展開していくのかは気になるところであった。


 復讐劇というと、ちょっと違うかなという感じはするが、その衝撃的な内容には驚かされる作品であった。

/5

監督:パトリシオ・ヴァラダレス
出演:マイケル・ビーン、ジャニーン・カスパー、エレクトラ・アヴェラン、リコ・ロス
    ウィリアム・フォーサイス、クリス・ブラウニング、マーク・バーナム、アンディ・マッケンジー
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
フルリベンジ [DVD]
アメイジングD.C.
2016-02-03


Amazonアソシエイト by フルリベンジ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-010「フルリベンジ」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる