CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-272「トランスポーター イグニション」(フランス)

<<   作成日時 : 2016/01/01 17:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

帰ってくれたら、キミは素敵なのに
 謎の美女アンナの依頼を受け時間通りに到着したフランク。ところが、そこにアンナの他にも2人の美女が乗り込んでくる。
 約束が違うと、依頼を断ろうとするフランクだったが、アンナはスマホの映像を見せフランクの父を誘拐したことを告げる。こうしてフランクは、父の命と引き換えにアンナたちの計画に協力させられてしまう。
 それは、彼女たちを奴隷のように扱っていた巨大犯罪組織への復讐というものだったが。(「allcinema」より)


 「トランスポーター」シリーズの第4弾。

 主役のフランク・マーティンを演じるのは、これまでの3作のジェイソン・ステイサムに代わり、エド・スクレインという俳優。

 あまり見たことのない俳優だなと思ったが、これまで「バトルフィールド」「タイガー・ハウス」などに出演していたんだな。

 リブートという形になるのかな。


 運び屋としてのフランクのルールは変わらず、そのドライビング・テクニックに、ボディ・アクションも健在。

 しかし、どうにもスマートな感じが弱かったな。

 フランクに仕事を頼むのがアンナという美女。
 指定された時間に到着すると、アンナの他に二人の女性が現れる。

 契約違反だと憤慨するフランクであったが、父親を人質に取られ、更に毒を射たれて、命の期限が12時間に迫っていると聞かされ、仕方なくアンナの指示どおりに動くフランクであったが、彼女たちを狙う組織、更にそこに因縁の相手の存在を知る。


 フランクがかなり美女に振り回されている感じで、途中のアクションは決まっているのだが、まだまだ出来上がっていないという感じ。

 しかし、そんなフランクを助けるような存在なのが父親だろうな。

 ある意味、この父親の方がスマートな感じで、フランクに足りない部分を補っていたな。


 ストーリー展開自体は、アンナたちが仕掛けたものにフランクも付き合い、犯罪組織を牛耳る男に復讐を果たそうとするもので、斬新さはなかったが、まあ面白い話ではあった。

 やっぱり、カー・アクションが一番決まっていたかな。


 エンド・ロールで流れてきた曲に日本語が聞こえ、EXILEっぽい曲で、これも日本公開版テーマ曲なかと思っていたら、歌っているのは、EXILE SHOKICHI。

 しかし、ちゃんとエンド・ロールのテロップにも載っており、オリジナル版もこの曲だったのかな。定かではないが。

/5

監督:カミーユ・ドゥラマーレ
出演:エド・スクレイン、レイ・スティーブンソン、ロアン・シャバノル、ガブリエラ・ライト、タティアナ・パイコヴィッチ
    ウェンシア・ユー、ラシャ・ブコヴィッチ、レン・クドリアヴィツキ、アナトール・トーブマン、ノエミ・ルノワール
於:池袋シネマ・ロサ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
トランスポーター イグニション
リブート版面白いけど、エンドロールでテンション下がる。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/01/12 21:56
トランスポーター イグニション
【概略】 プロの運び屋・フランクは、美女・アンナからの依頼を受ける。父親を人質に取られ、強制的にアンナの計画に参加させられたフランクは、愛車のアウディで走り出すが…。 アクション ...続きを見る
いやいやえん
2016/03/18 13:30
映画評「トランスポーター イグニション」
☆☆(4点/10点満点中) 2015年フランス=中国=ベルギー合作映画 監督カミーユ・ドラマーレ ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/09/27 08:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-272「トランスポーター イグニション」(フランス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる