CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-258「先輩と彼女」(日本)

<<   作成日時 : 2015/12/29 01:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 一途で元気な高校1年生の都築りかは、現代文化調査研究部のみの先輩が好きになる。ところが、肝心のみの先輩は昨年卒業した葵先輩のことが今でも好きだった。
 そのことに戸惑いつつも、みの先輩を好きでいることをやめられないりかだったが。(「allcinema」より)


 南波あつこの人気コミックを実写映画化した作品。

 部活の先輩に恋した高1少女の切ない片想いの行方を描いた青春ラブ・ストーリー。


 この手の少女漫画の実写映画化青春ラブ・ストーリーは、先日の「orange オレンジ」も含めて、かなり量産されているが、基本的には内容は同じだなと思いながらも、切ない展開にはホロリとさせられてしまうし、やっぱり青春時代が羨ましくなってしまう。


 高校1年生の都築りかは、入部した現代文化調査研究部の先輩、美野原圭吾こと、みの先輩のことを好きになるが、当のみの先輩には好きな相手がいる。

 それでもみの先輩のことを好きなりかの切なさが前面に押し出される。

 
 みの先輩の好きな相手というのが、前の部長で、今大学1年生の沖田葵。
 葵はちょっと男に勘違いさせるような感じの女性で、美人で年上。
 それは惹かれてしまうよな。

 そんなみのと葵を傍らで見ていて切なさを募らせるりかの様子は、見ている方も切なくなるものだったな。


 青春ラブ・ストーリーということで、壁ドン!≠ノあごクイ∞頭なで≠ニフルコースで見られる。

 ストーリーとしては、オーソドックスな青春ラブ・ストーリーではあるが、りかの切ない片想いが胸に来ると同時に、友情などを見せる青春ストーリーとして楽しめる作品だった。


 正直出演者は、知らない若手俳優ばかりで、知っていたのはみのの友人、哲雄の母親を演じた渡辺真起子ぐらいだな。

 みの先輩を演じた志尊淳は、ソフトバンク・ホークスの五十嵐に似ているなと思ったが、と言うことは「HERO」のあの人にも似ているということか。

/5

監督:池田千尋
出演:志尊淳、芳根京子、小島梨里杏、戸塚純貴、水谷果穂、渡辺真起子
於:池袋HUMAX CINEMAS

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-258「先輩と彼女」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる