CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-253「アース・トゥ・エコー」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2015/12/23 23:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

友達をとり戻すため
 高速道路建設のために強制退去を余儀なくされ、もうすぐ離ればなれとなってしまう仲良し3人組のタック、アレックス、マンチ。
 ある日、彼らの携帯電話に不思議な図形が映し出される。謎の解明に乗り出した3人は、それが砂漠のある地点を示していることを突き止め、ビデオカメラを手に現場へと向かう。
 やがて彼らは政府職員に追われる金属製の奇妙な異星人と遭遇することに。そこに同級生の少女エマも加わり、彼らはエコーと名付けたその異星人を助けるために、予想もしなかった大冒険を繰り広げるのだった。(「allcinema」より)


 携帯電話に送られてきた信号の謎を追って冒険する少年たちの姿を描いたSFファンタジー。

 高速道路建設のために強制退去させられ、離れ離れとなってしまうタック、アレックス、マンチの少年3人。
 明日が別れの日という時、突然携帯電話に謎の画像が映し出され、その謎を探ろうとタックたちは闇深い砂漠へと向かう。

 
 最初は、タックたちが信号の秘密を解き明かそうとする展開で引っ張っていくミステリー的な話かと思っていたが、意外と信号の秘密は早々に明かされる。

 そこからは、少年たちが見つけ出した異星人を護りながら、その異星人を宇宙へ帰すために奮闘する少年たちとそれに加わる一人の少女の姿が映し出される。

 明日離れ離れになってしまう少年たちが主人公で、大人たちも見つけ出そうとしている異星人を護り通そうとする話は、冒険ファンタジーの要素が強く、ちょっと「スタンド・バイ・ミー」「E.T.」を掛け合わせたような感じになっていたな。

 
 加えて、昨今流行りのP.O.V.も取り入れての作品になっている。


 多少のミステリー要素はあったが、その謎は結構大々的に世間に知らせるような感じで、謎を追っているのはタックたちだけなのかなという気はするな。

 そして、高速道路を建設している作業員という男たちが、怪しげで、タックたちを追う存在になっていく。

 果たしてタックたちは大人たちの手から逃れ、異星人を無事に宇宙へ戻すことができるのか。


 ある意味、最後の冒険を繰り広げる少年たちのファンタジー。

 宇宙人の造型もちょっと可愛く造っており、本当に少年たちが立ち向かえる物語になっている。

 そんなに肩肘張らずに観られる作品だった。

/5

監督:デイヴ・グリーン
出演:テオ・ハーム、ブライアン・“アストロ”・ブラッドリー、リース・ハートウィグ、エラ・ワレステッド
    ジェーソン・グレイ・スタンフォード、カシアス・ウィリス、ケリー・オマリー、ピーター・マッケンジー
於:新宿ピカデリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー
ヒロインが超可愛いジュブナイル映画だった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/01/12 22:02
EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー
【概略】 道路建設のための強制退去で離れ離れになる少年少女たちが、携帯電話に映った地図が示す砂漠へと向かう。そこで彼らは遥か彼方の宇宙からやってきた未知の物体と遭遇する。 SF ...続きを見る
いやいやえん
2016/02/28 11:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-253「アース・トゥ・エコー」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる