CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-252「ファンタスティック・フォー」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2015/12/23 12:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

開いた扉は僕らが閉める
 発明オタクの少年リード・リチャーズは、小学校5年生で同級生のベン・グリムとともに物質転送装置を発明する。
 しかし周囲に相手にされず日の目を見ることのなかったその装置が7年後、バクスター財団のストーム博士の目にとまり、リードは財団の学生研究員にスカウトされる。そこには、博士の養女スー、息子のジョニー、研究者のビクターがいた。
 やがて本格的な転送装置が完成すると、リード、ジョニー、ビクター、そしてリードの親友ベンが転送実験に参加し、異次元空間“プラネット・ゼロ”に転送される。しかしそこでトラブルが起こり、ビクターが行方不明となってしまい、リードたち3人だけが地球に帰還する。
 すると装置を操作していたスーも含め、彼ら4人は異次元のパワーによって超能力を身につけてしまうのだったが。(「allcinema」より)


 近年の「アベンジャーズ」人気にあやかってか、ジェシカ・アルバやクリス・エヴァンスらで映画化した「ファンタスティック・フォー」シリーズをキャストを代えて、再び映画化。

 「ファンタスティック・フォー」はマーベル最初のヒーロー・ユニットということらしい。


 異次元空間プラネット・ゼロ≠ヨの転送を研究していたリードら4人が、自分たちで転送を試み、そこで事故が発生。
 一緒に行った、同じ研究員のビクターは行方不明となり、リード、ジョニー、ベンの3人は命からがら戻ってくるが、研究所に居合わせたスーともども体に変化をきたし、異次元のパワーを身につけてしまう。

 そんな4人の苦悩と戦いを描いた作品。


 異次元のパワーを持ってしまったヒーローが、その力と自らの運命に苦悩するというのは、よくあるのだが、本作はその苦悩というものが、それ程深くは描かれなかったという印象。

 前シリーズにあった、お色気やコミカルな部分もかなり抑え目だったかな。

 その分物語がサクサク進行していく感じで、最後に登場する敵による地球への脅威と戦いのシーンも案外あっという間に終わってしまったという感じであった。


 メンバーの4人は、「ダイバージェント」のマイルズ・テラー、「トランセンデンス」のケイト・マーラ、「クロニクル」のマイケル・B・ジョーダン、そして「スノーピアサー」のジェイミー・ベルと、そこそこ名の知れた若手俳優が演じているが、一般的にはちょっとインパクトが弱かったのかな。

 監督は「クロニクル」のジョシュ・トランクで、思わぬ力を身に着けてしまった若者の姿を描いた話となると、似たような話ではあるな。


 ちょっと派手さを意識しすぎて、物語に深みが足りないような感じを受けるが、サクサクと物語が進んでいくので、意外と飽きずに展開を楽しめる感じとなっており、いい意味でも悪い意味でもエンターテインメントだったかな、という作品だった。

/5

監督:ジョシュ・トランク
出演:マイルズ・テラー、ケイト・マーラ、マイケル・B・ジョーダン
    ジェイミー・ベル、トビー・ケベル、レグ・E・キャシー、ティム・ブレイク・ネルソン
於:新宿ピカデリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ファンタスティック・フォー
う〜ん何だか物足りない感が・・・。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/01/12 22:04
ファンタスティック・フォー
【概略】 子供の頃から発明好きだったリードは、友達ベンとともに自力で物質の転送装置を完成させ、科学コンテストに出展する。リードの才能に目をつけたストーム博士は、彼を研究員としてスカウトし本格的な装置を完成させる。実験として自ら転送装置に入ったリードと仲間たちは、異次元の惑星ゼロに送られる。その時、予期せぬ事故が起き、異次元のパワーによってリード、スー、ジョニー、ベンが不思議な能力を身につけてしまう。 SFアクション ...続きを見る
いやいやえん
2017/04/07 10:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-252「ファンタスティック・フォー」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる