CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-236「悪魔は闇に蠢く」(韓国)

<<   作成日時 : 2015/11/29 01:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

家族に火をつけて、何を祝いたかったのか
 ソウル市内シンソルドン近郊。何の痕跡も残さず10人余りが消息を絶つという連続失踪事件が発生。警察の懸命な捜査も虚しく、依然として犯人の正体を掴むことができない状態が続いていた。
 住民たちの不安が増していく中、付近に住むヨンソは、耳の不自由な妹スジョンに外出しないように注意する。
 だがある夜、スジョンは帰りの遅いヨンソを迎えにひとりで家の外へと出てしまう。街灯の心細い光を頼りに姉を探し歩くスジョン。その時、裏道で女を引きずる怪しい男を目撃、すぐさまスジョンは逃げ出すが、男に捕われ気を失ってしまう。
 やがてスジョンが目を覚ますと、そこはマンホールの下に無限に広がる下水道の中であった。(「KINENOTE」より)


 マンホールの下に広がる下水道の中に住み、人を引きずり込んでいく殺人鬼と、その恐怖に巻き込まれた姉妹の姿を描いたホラー・サスペンス。

 
 下水道に潜む殺人鬼の恐怖を描いているが、時折外の世界に出ては人を引きずり込んでいく。

 その殺人鬼が下水道に潜むことになるきっかけは明かされるが、繰り返す行為の理由はハッキリとは示されていない感じである。

 そんな殺人鬼によって地下へと引きずり込まれてしまった耳の不自由な少女スジョンと彼女の行方を追う姉のヨンソ。そして娘が行方不明になった、元警官の父親が下水道の中へと入っていく。

 後半はほぼ地下で物語は展開され、何とか殺人鬼の手から逃れようとする姉妹の奮闘と、娘を捜す父親の戦いが繰り広げられる。

 残忍な殺人鬼の魔の手から逃れることができるのかというところと、殺人鬼の存在が発覚し、果たして警察が追い詰めるのかというところが気になる展開。

 随所に細かい部分で気になるところはあったのだが、展開としては緊張感もあって面白かった。


 結末としては結局父親は娘を見つけ出し、姉妹を逃げ切ることができるというものだろうと思っていたが、そこはちょっと捻りがあった。


 殺人鬼の背景はそれ程描かれておらず、その殺人鬼の下で鎖に繋がれていた少年の背景もなく、気になるところではあったが、地下の下水道の中という空間でのサバイバルはなかなか緊張感を生んでいたな。
 あれ程広い下水道の全てを殺人鬼は知り尽くしているということなんだな。

/5

監督:シン・ジェヨン
出演:チョン・ギョンホ、チョン・ユミ、キム・セロン、チェ・ドンムン、チョ・ダルファン
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-236「悪魔は闇に蠢く」(韓国) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる