CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-195「ババドック 暗闇の魔物」(オーストラリア)

<<   作成日時 : 2015/10/08 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

真の姿を知った者は、欲してやまなくなる、死を
 悲惨な事故で夫を失ったアメリアは、一人息子のサミュエルを一人で育てている。学校でしばしば暴力的な行動を起こす問題児のサミュエルに手を焼くアメリアは疲れ果てていた。
 母親の読み聞かせで眠りにつくのが習慣のサミュエルはある日、アメリアの知らない一冊の本を取り出し、彼女に読んで欲しいとせがむ。“ババドック”というキャラクターが登場する、どこか薄気味の悪い絵本だった。
 それ以降、サミュエルは子供部屋に何かがいると主張するようになる。
 毎夜騒ぎ立てるサミュエルにうんざりし、相手にしないアメリアだったが、徐々にその謎の存在が彼女のもとにも忍び寄っていることに気づくのだった。(「KINENOTE」より)


 父親を亡くした母と子が、家の中に忍び寄る怪物の恐怖に襲われるホラー。


 アメリアは、一人息子のサミュエルと暮らすシングルマザーであるが、このサミュエルが暴力的で問題行動ばかりを起こし、その対応でアメリアは疲れ切っている。

 夜になると脅えるサミュエルは、アメリアに絵本を読んでもらってから眠りに就く。

 そんなある夜、サミュエルは見たことのない絵本ババドック≠読んでほしいとねだるのだが、アメリアがそれを読んだ時から、サミュエルは脅えるようになる。

 怪物の存在を主張するサミュエルに手を焼き、すっかり疲弊してしまうアメリア。

 しかし、やがて怪物の存在はアメリアにも及んでいくことになる。


 夜、アメリアとサミュエルがいる部屋に魔物が近づいてくる様子は、ちょっと緊張感はあったが、それ程怖いというものでもなかった。

 何が怖かったかというと、ババドックに忍び寄られ、体内に入り込まれたと思われるアメリアが変貌する様子だったな。

 問題行動を起こすサミュエルに手を焼き、仕事は介護施設で老人たちを相手にしている。
 公私共に大変な感じのアメリアが、怪物の存在を最初は否定しながら、徐々に自らその存在に苦しまされるようになる。

 ホラーではあるが、サイコ・サスペンスのような感じでもあったな。

 問題児扱いする学校に怒り、学校をやめさせたり、様子がおかしくなって病院に行き、薬を処方してもらったりするのだが、そんなサミュエルの様子を地域サービスの人間が窺いに来た時、そんな様子がアメリアのサミュエルに対する虐待と思わせるような感じである。


 クライマックスは怪物に襲われ、変貌していくアメリアの狂気の様子を描き、果たしてどのような結末となるのか興味深かった。

 結局、夫の死を乗り越えられず、更に息子に手を焼かされ続けることによるアメリアの心を映し出していたのかな。

 アメリアかサミュエルのどちらかが、という結末を予測したが、結構思いも寄らぬ結末だったな。

 なかなか面白いサスペンス・ホラーであった。

 アメリアを演じたエシー・デイヴィスの変貌ぶりが見事だった。

/5

監督:ジェニファー・ケント
出演:エシー・デイヴィス、ダニエル・ヘンシュオール、ノア・ワイズマン、ティファニー・リンドール=ナイト
    ヘイリー・マケルヒニー、バーバラ・ウェスト、ベンジャミン・ウィンスピアー
於:新宿シネマカリテ
ババドック 暗闇の魔物(字幕版)
2015-09-27


Amazonアソシエイト by ババドック 暗闇の魔物(字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ババドック 暗闇の魔物
【概略】 アメリアは毎夜、息子のサミュエルを寝かす際に本を読み聞かせている。ある日、サミュエルは彼女の知らない不気味な本を取り出して…。 ホラー ...続きを見る
いやいやえん
2015/10/11 08:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-195「ババドック 暗闇の魔物」(オーストラリア) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる