CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-211「ゾンビ・ガール」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2015/10/27 01:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

永遠に一緒にいる
 生粋のホラー映画マニア青年マックス)は、憧れの美女エヴリンと付き合うことになり、やがて二人は同棲を始める。ところがエヴリンの束縛地獄に耐えられず、マックスは別れることを決意するが、突然エヴリンはバスに撥ねられて死んでしまう。
 彼女の死から何とか立ち直ったマックスは、ゾンビ映画2本立て鑑賞中、可愛くて元気でホラー映画を愛するオリヴィアに出逢う。すぐに二人は意気投合するが、マックスのアパートに死んだはずのエヴリンが現れる。彼女は、マックスとオリヴィアの仲を妨害しようと墓からゾンビとして甦ったのだ。
 マックスは、自分とオリヴィアの将来のために、ゾンビになったエヴリンを撃退するのだが。(「KINENOTE」より)


 死んだはずの彼女がゾンビとして蘇り、何とか逃れようとする青年の姿を描いたホラー・コメディ。

 似たような話で「ライフ・アフター・ベス」という作品があったが、本作は最初から蘇りに対し、抵抗感いっぱいだったな。

 
 主人公のマックスはエヴリンという女性と付き合っていたが、趣味も合わず、性格の不一致もあり、別れを切り出そうとしたところでエヴリンは事故で亡くなってしまう。

 後悔と責任を感じていたマックスの前に、趣味を同じくするオリヴィアという女性が現れ、お互い惹かれ始めるのだが、そこに墓の中から蘇ったエヴリンが現れる。

 エヴリンが蘇った理由は、マックスが働いているオカルト・ショップの店に置いてあった人形の前で、「永遠に一緒にいたい」と願ったから。

 まさかの蘇ったエヴリン登場に慌てふためくマックスの様子がおかしかったが、ちょっとマックスが優柔不断でハッキリしないところが、ことを更に複雑にしているような感じがしたな。

 オリヴィアと仲睦まじくなっていくマックスは、何とかエヴリンを遠ざけたいと思うが、エヴリンの気持ちは一途。

 果たして、マックスはエヴリンの手から逃れることができるのか。


 マックスがオカルト・ショップで働き、ホラー映画好きという設定で、オリヴィアもホラー好きということもあり、ホラー映画を中心とした映画ネタでの笑いが多数で、楽しませてもらった。

 一番笑ったのは、「クリスチャン・スレイターズ!」だった。


 マックスを演じたのは、「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」「アナーキー」のアントン・イェルチン。
 エヴリンを演じたのは、「トワイライト・サーガ」シリーズでアリス・カレンを演じていたアシュリー・グリーンであるが、ちょっとイメージが違って、判らなかったな。

 オリヴィアを演じたのは、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海」「飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲」にも出ていたアレクサンドラ・ダダリオ。

 
 マックスが終盤駆け込んだ警察にいた老警官登場の時、一部観客から笑いが上がったのだが、それが何故か判らなかった。
 出ていたのは、「ロックンロール・ハイスクール」など、ロジャー・コーマン作品によく出ていたらしいディック・ミラーで、ジョー・ダンテ監督作品の常連俳優だったようである。

 そう言えば、マックスとオリヴィアが訪れる墓地に埋葬されている有名人として、ジョニー・ラモーンの名が挙がり、銅像まで出てきたが、ラモーンズも「ロックンロール・ハイスクール」に出演していたな。
 意識しての言及か。


 ことの顛末も面白かったが、細かい映画ネタでも笑わせてくれる作品。
 なかなか楽しい作品であった。

/5

監督:ジョー・ダンテ
出演:アントン・イェルチン、アシュリー・グリーン、アレクサンドラ・ダダリオ
    オリヴァー・クーパー、アーチー・ハーン、ディック・ミラー
於:ヒューマントラストシネマ渋谷

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゾンビ・ガール
【概略】 恋人・エヴリンの死から立ち直り、新たな恋に進むホラーマニアの青年・マックス。同じ趣味のオリヴィアと意気投合するが、何とエヴリンがゾンビとして甦り…。 ホラー ...続きを見る
いやいやえん
2016/10/02 08:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-211「ゾンビ・ガール」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる