CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-185「騒音」(日本)

<<   作成日時 : 2015/09/29 01:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

息吹き2万回
 ある日、大規模な開発が進む平和な街S区に、有毒ガスを吐く謎の“地底人”が出没し、人々をパニックに陥れる。為す術もなく、絶望するS区の住人たちだったが、その時、有毒ガスに耐性を持つ人間の存在が明らかとなる。
 それは、日頃から職場や家庭で虐げられ、尋常ならざるストレスに晒されてきた冴えない5人のオヤジたちだった。
 突如S区の救世主となった5人は、過酷な訓練を課され、すぐさま地底人との戦いへと投入されていくのだったが。(「allcinema」より)


 関根勤の初監督作品。
 芸能生活40周年記念ということらしい。


 地底人が突然現れ、人々を襲い、なす術もない中で、その地底人を唯一撃退する方法が見つかる。
 それは、家庭でも職場でも虐げられているオヤジたち。

 そんなオヤジたちが地底人との対決に奮闘する姿を描くコメディ。
 

 温水洋一含む5人のオヤジが対地底人の戦闘員として選ばれる。

 まず、地底人と闘うために訓練することになるオヤジたちであるが、体力もないのでなかなか様にならない。

 訓練の指導者として千葉真一が登場。これは完全に関根勤の人脈か。
 ただ、共演ではなく、ビデオ映像の中だけの登場であるが。


 一度は地底人たちを撃退し、一躍ヒーローとなるオヤジたち。
 有頂天になるのだが、再び現れた地底人たちにオヤジたちの武器も効かなくなり、オヤジたちはまたまたダメ扱い。
 しかし、地底人を撃退し、家族を守るために再び立ち上がる。


 らしい笑いを組み込んで、ヒーローものに仕上げたコメディ。
 ダメダメのオヤジたちが世界の平和のために立ち上がるという展開も、オヤジたちに夢を与えようとするストーリーだな。

 ただ、話としては全体的にユルユルな仕上がりの作品。
 狙っての作りだとは思うが、様々なギャグも取り入れられており、笑いを誘う作品にはなっている。

 豪華ゲスト出演も見どころかな。

/5

監督:関根勤
出演:温水洋一、村松利史、飯尾和樹、岩井ジョニ男、酒井敏也、YOU、関根麻里、廣田あいか、天野ひろゆき
    ウド鈴木、渡辺哲、車だん吉、小堺一機、戸田恵子、千葉真一、タモリ、明石家さんま、マキタスポーツ
於:シネマート新宿
騒音 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2015-12-09


Amazonアソシエイト by 騒音 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-185「騒音」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる