CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-163「孤独の暗殺者 スナイパー」(フランス)

<<   作成日時 : 2015/09/02 01:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

嫌なことは忘れて撃つんだ
 ヴァンサンは射撃のチャンピオン。愛する妻デルフィーヌと子供に囲まれて新居も郊外に建築し、幸せな日々を送っていた。
 そんなある日、唯一の肉親である父親アルマンが病気で倒れ、ヴァンサンが引き取ることになる。だが、父親の心は荒み、金銭トラブルも抱えていた。そんな父親と一緒の生活に慣れないデルフィーヌは、収入や家のローンの支払いなどで、次第にヴァンサンを責めるようになる。
 一方のヴァンサンは、問題を起こす父を病院に預けるかどうか悩んでいた。これらの問題を解決するためには、多額のお金が必要だった。
 そこへ、ヴァンサンの射撃の腕を見込んだルノーという男が、高額の報酬と引き換えに暗殺の仕事を依頼してくる。経済的にも精神的にも追い詰められていたヴァンサンは、この依頼を引き受けることを決意。
 だが、やがて訪れた父親の死をきっかけに彼の人生も荒れ始め、暗殺の仕事を受け続けて孤独なスナイパーとして暗躍するようになる。(「KINENOTE」より)


 生活に困窮している射撃チャンピオンの男が、家族を守るためにスナイパーとなったことから、思わぬ窮地に追い込まれることとなるサスペンス・ドラマ。


 射撃チャンピオンであるヴァンサンは、妻と子供と共に幸せに暮らしていたが、収入は少なく、新たに建てようとしている郊外の家の支払いも出来ずにいた。

 更に父親のアルマンが病気で倒れ、引き取ることにするのだが、アルマンは心が荒み、金銭的な問題も抱えており、そんな父と共に暮らすことで、妻、デルフィーヌも追い詰められ、ヴァンサンを責めるようになる。

 様々な問題を解決するためには、多額の金が必要であるが、そのあてもなく、射撃の練習に没頭するヴァンサンに、ある男が仕事を持ちかけてくる。

 その仕事は暗殺であった。


 一見平凡な男が行き詰まり、唯一才能のある射撃を生かす仕事を依頼され、最初は思い悩むが、引き受けることにする。

 大金を得たヴァンサンであるが、逆に心が荒み、仕事を続けていくのだが、ある時失敗し、自らが組織に命を狙われる破目になってしまう。

 暗殺シーンや組織が出てくるのだが、全体的には静かに物語は展開していく。

 生活していく中で困窮するヴァンサンの様子が深く描かれ、更に暗殺の仕事を持ちかけられてからの悩みもじっくり描かれる。

 ヴァンサンの置かれた状況だと、かなり甘い誘惑であるが、さすがにすぐには飛びつくことは出来なかったんだな。

 ただ、あることをきっかけに仕事を引き受け続け、大金を手にするが、結局そう簡単には物事は進まず、やがてヴァンサン自身や家族の身が危険となる。


 なかなか展開としては興味深いもので、ヴァンサンが果たして暗殺者として成功することができるのかというところや、失敗した後のヴァンサンの身に起こること、更にどのように窮地を脱しようとするのかなど、興味は尽きなかったな。

 生活に苦しむヴァンサンに肩入れしてしまい、簡単に大金を稼げるとなると飛びついてしまうというのも判らなくはない。
 しかし、結局暗殺というのはそう簡単なことではないし、一度はまった悪からはそう簡単には脱け出せないんだな。

 全体的に静謐に進んでいき、逆に緊迫感の上がる作品ではあった。

/5

監督:フレッド・グリヴォワ
出演:レダ・カテブ、リュディヴィーヌ・サニエ、ヨハン・ヘルデンベルグ
    チェッキー・カリョ、パスカル・デモロン、ロール・ドゥ・クレルモン=トネール
於:新宿シネマカリテ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-163「孤独の暗殺者 スナイパー」(フランス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる