CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-161「脳内ポイズンベリー」(日本)

<<   作成日時 : 2015/08/31 00:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

自分の一部を殺してまでいる相手ではない
 ケータイ小説のライターをしているアラサー女子の櫻井いちこ。飲み会で知り合った7つ年下のアート系イケメン男子・早乙女と偶然遭遇。さっそくいちこの脳内では、話しかけるかどうかで議論が紛糾。
 “理性”を司る議長の多数決の提案に対し、“ポジティブ”の石橋と“衝動”のハトコが真っ先に賛成する一方、“ネガティブ”の池田は当然のように反対。“記憶”の岸さんは記録係に徹して議論には加わらず、結果、勇気を振り絞って話しかけたいちこ。
 そして紆余曲折を経て、めでたく交際へと至るのだったが。(「allcinema」より)


 一人のアラサー女性の5つの感情を擬人化し、頭の中で大騒ぎしながら会議を開き、恋に仕事に悩む姿を描いたラブ・コメ。

 水城せとなのコミックスを原作とした作品のようであるが、どういうわけか同じ年に、「インサイド・ヘッド」というディズニーの似たような設定の作品が公開。

 偶然なのか、狙ったのか。

 
 櫻井いちこの頭の中で、7つも年下である早乙女との恋を巡って、5つの感情のあれやこれやの大騒動が繰り広げられ、特にポジティブとネガティブが対立。

 結局いちこは早乙女と付き合うことになるのだがその後も何かと侃々諤々。

 そんな折、いちこのライターとしての仕事をサポートしてくれる越智という編集者と出会い、わだかまりもなく、安心して話を出来る存在になっていくが、恋愛感情は沸いてこない。

 越智さんは、いわゆるいい人≠ナあるが、包容力もあり、忍耐力もあり、いい人っぷりが突き抜けている感じである。

 安心できる相手である越智さんに対し、早乙女と一緒にいると、何かとギクシャクしてしまい、自分の感情を殺してしまったりするいちこであるが、それでも魅力的な相手だという気持ちはなくならない。
 
 そんな二人の男の間でのいちこの感情を、頭の中の会議で表しており、設定自体は面白かったが、何か脳内会議がドタバタし過ぎていたな。

 もう判断つかないという状況になった時に、脳内に黒ずくめの謎の女性が現れ、5つの感情を凌駕する。

 これは、別の感情ということなんだろうか。
 ちょっと判り難かったな。


 ストーリー自体は、一人の女性の恋の顛末を描いている中で、その恋と人生の決断をしていくというもので、まあ王道的なロマンスであったが、それに対する脳内会議という設定は面白かった。

 ただ、何となく脳内の世界と現実の世界が上手く結びついていないような感じを受けたな。


 自分の感情を殺してまで付き合うというのは確かに自分らしさを失うことであり、正しいあり方ではないかもしれない。
 最後のいちことその脳内の決断は、スッキリできるところかもしれないが、恋の結末としては、ちょっと残念だったかな。

 でも、最後にまた会議が始まるんだな。

/5

監督:佐藤祐市
出演:真木よう子、西島秀俊、古川雄輝、成河、吉田羊、桜田ひより、神木隆之介、浅野和之
於:池袋HUMAX CINEMAS
脳内ポイズンベリー オリジナルサウンドトラック
ユニバーサル ミュージック
2015-05-06
井筒昭雄


Amazonアソシエイト by 脳内ポイズンベリー オリジナルサウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『脳内ポイズンベリー』をトーホーシネマズ六本木3で観て、乗り切れず客観視ふじき★★★
五つ星評価で【★★★操縦されるロボット真木よう子には感情移入できず、脳内の感情たちはちょっとうざい】 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2015/09/01 00:32
脳内ポイズンベリー
いやぁ揺れるね、真木よう子 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/09/02 23:21
脳内ポイズンベリー
【概略】 自分に自信がなく優柔不断なアラサー女子の恋の行方を、5つの思考を擬人化したキャラクターたちが繰り広げる脳内会議を交えてコミカルに描く。 ラブコメディ ...続きを見る
いやいやえん
2016/01/29 07:49
『脳内ポイズンベリー』
脳内ポイズンベリー 自分に自信がなく優柔不断なアラサー作家の 恋愛に対する脳内の葛藤を描く... ...続きを見る
cinema-days 映画な日々
2016/03/26 13:14
映画評「脳内ポイズンベリー」
☆☆★(5点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・佐藤祐一 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/05/19 10:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-161「脳内ポイズンベリー」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる