CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-113「レフト・ビハインド」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2015/07/23 01:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

その日がいつ来るかわからない
 パイロットのレイは、JFK国際空港を離陸しロンドンへと向かうジャンボ機を操縦中。
 ところが、その機内から副操縦士を含む大量の乗客が忽然と消えてしまう。JFK国際空港へ引き返すレイだったが、管制官とも連絡が取れない。
 その頃地上では、同じような人間消失事件が世界中で発生し、未曾有のパニックが始まっていた。
 その中には、突如消えた母と弟を捜すレイの娘クローイの姿もあったが。(「allcinema」より)


 高度3万フィートを飛行中の旅客機から、いきなり何人もの乗客が消えてしまう。
 そんな謳い文句しか知らずに鑑賞したので、内容的にはホラーなのかサスペンスなのか判らなかった。


 父親の誕生日のために帰省したクローイであったが、肝心の父親、レイはフライトへと出てしまう。

 どうやら、キリスト教、イエスにのめり込んでしまった母親が原因で、家族が疎遠になってしまっているという状態。

 序盤は、そんなレイやクローイら家族の状況を描くことに終始しており、果たして何が起こるのか予測がつかない。


 そして、パイロットであるレイがフライト中に、突然乗客が消えるという事態が起こる。
 同時に地上では、クローイと一緒に出かけていた弟が突然消えると共に、周囲でも人々が突然消えて、パニックが起きる。

 突然消えた人々の謎と、地上と空中で事態を把握しようと努めながら、消えた人々の行方を捜す様子を描いたパニック・スリラー。


 基本は、地上で消えた弟を捜すクローイと、飛行機の中で事態収拾に努めながら、何とか無事に着陸しようと奮闘するレイの姿を描いている。

 飛行機の中では、色々と原因を探る様子が描かれ、離婚した夫が、自分を眠らせている間に子供を連れ去ったのだと主張する女性や、乗客の中のアラブ系の男性に疑いを向けるなどの展開があるが、あまりにも現実を越えた出来事なので、そこに考えを向けるということはし辛かったな。

 消えたのは、子供が全員のようであるが、大人でも数人が消えている。

 何が起こったのか判らない中で、レイが理由を悟る。

 結局、話としては「リメイニング」と同じで、これで序盤の母親がキリスト教にはまっている話も通じるのだが、かなり説明が不足気味。
 キリスト教、聖書に精通していないと、よく判らないだろうな。


 結局、話は様々なトラブルに見舞われた、レイが操縦する飛行機が、無事に着陸できるのかというクライマックスになる。
 父と娘の愛情、絆も描いたような感じであったが、世界規模で起こっている事件の中で、一機の飛行機に焦点を当てているのが、微妙にこじんまり感を与えてしまったかな。

 あまりにも現実を越えた事件だけに、それで様々な疑問を抱かせるのも、設定的に難しかったかなと思わせる作品だった。

/5

監督:ヴィク・アームストロング
出演:ニコラス・ケイジ、チャド・マイケル・マーレイ、キャシー・トムソン、ニッキー・ウィーラン
    ジョーダン・スパークス、リー・トンプソン、マーティン・クレバ、ウィリアム・ラグズデール
於:新宿バルト9

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レフト・ビハインド
【概略】 パイロットのレイが操縦するジャンボ機の副操縦士と大勢の乗客が、飛行中に忽然と姿を消す。同じ頃、地上でも数百万人が消え、街は無法地帯と化していた。 パニック ...続きを見る
いやいやえん
2015/11/30 14:30
映画評「レフト・ビハインド」
☆★(3点/10点満点中) 2014年カナダ=アメリカ合作映画 監督ヴィック・アームストロング ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/06/08 08:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-113「レフト・ビハインド」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる