CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-104「アップルシード アルファ」(日本・アメリカ)

<<   作成日時 : 2015/07/15 02:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

後で? 楽天家だな
 第5次非核大戦後の荒廃した世界。元SWATのデュナンとその恋人で全身サイボーグのブリアレオスは、伝説の理想都市“オリュンポス”での暮らしを夢見ながらも、廃墟と化したニューヨークで傭兵稼業に従事する日々。
 ある日、雇い主に命じられ自動兵器の破壊に向かった2人は、その自動兵器の攻撃を受けた少女アイリスを救出する。彼女はある極秘任務を遂行するためにオリュンポスからやって来た“人類最後の希望”だった。
 やがて、そんなアイリスに自分たちの希望を託し、新たな戦いに身を投じていくデュナンとブリアレオスだったが。(「allcinema」より)


 「APPLESEED]V アップルシードサーティーン 遺言篇」「APPLESEED]V アップルシードサーティーン 預言篇」と新シリーズの劇場リミックス版も公開されていた、士郎正宗原作のSFコミックを「EX MACHINA エクスマキナ」に続いて、荒牧伸志が映画化したSFアクション・アニメ。

 CGアニメであるが、かなり実写に近い映像で、人物以外は本物と見紛う程であった。


 本作は、先にアメリカで公開されたものを、日本公開用に手を加えたものらしい。

 そして、デュナンとブリアレオスがオリンポスにたどり着く前の前日譚となっているようである。


 世界大戦の後、荒廃してしまったニューヨーク。
 ギャングである双角の下で、不本意ながら働いている二人。

 そんな二人が、自動兵器に襲われている少女アイリスと、彼女を護っているというオルソンという二人を助けたことから、人類の未来を守る戦いへと巻き込まれていく姿を描いている。


 ストーリーとしては、それ程目新しさはなく、オリンポスを信じ、行きたいと思っているデュナンが、アイリスの話を聞いて、本当にオリンポスがあると信じられるようになる。
 アイリスと共に、オリンポスへ向かおうとするデュナンとブリアレオスが、アイリスを追う謎の集団に襲撃され、アイリスを連れ去られてしまい、彼女を取り返すべく戦いに挑むという展開。


 アクション・シーン、戦闘シーンの映像はなかなか見応えがある。

 デュナンとブリアレオスを雇っている双角というキャラがなかなか面白く、いかにも悪モノという感じで登場するので、ヤラレキャラかなと思っていたが、これが結構しぶとい。

 クライマックスではデュナンたちと共に活躍し、最後には粋な計らいを見せたりする。


 リアルに近い映像に驚かされ、見応えあるアクション・シーンが楽しめる一本。
 ストーリーはそれ程捻ったものではなかったが。


 最後にアップルシード≠フ言葉の意味が語られる。
 なるほど、希望の種ということか。

/5

監督:荒牧伸志
声の出演:小松由佳、諏訪部順一、悠木碧、高橋広樹、名塚佳織、東地宏樹、玄田哲章、堀勝之祐
於:シネ・リーブル池袋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アップルシード アルファ
CGで描かれた絵が凄い! ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/07/18 21:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-104「アップルシード アルファ」(日本・アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる