CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-100「踊るアイラブユー♪」(イギリス)

<<   作成日時 : 2015/07/12 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やり直すには、もってこいの日
 南イタリアのプーリア。姉のマディに招かれ、3年ぶりにこの地にやって来たテイラー。彼女にとってここは、初めての恋を経験した場所でもあった。
 しかし、そんな思い出に浸る間もなく、再会したマディからいきなりの結婚宣言が飛び出す。しかも、なんと相手はテイラーの元恋人ラフだった。
 ショックを受けながらも、2人の過去をマディに気づかれないよう初対面のフリをして必死にごまかすテイラーだったが。(「allcinema」より)


 南イタリアのプーリアで休暇をとっている姉、マディの下を訪れるテイラー。
 彼女の本当の目的は、3年前に出会った恋人と再会すること。

 ところが、その元恋人のラフが、姉のマディの結婚相手だということを知り、ショックを受け、マディに悟られないように必死で振舞う。

 そんなテイラー、マディとラフとの恋の行方を描いたラブ・コメディ。


 設定としては、ちょっと面白いながらも、姉妹が一人の男を争うような感じで、果たしてどのような展開になるのか気になるところではあった。
 どちらかが傷つくんだろうな、と思い、気持ち的には複雑。

 姉に悟られず、必死で繕うテイラーであるが、全体的にそれ程切なさが募るような感じではなかったな。

 途中で、マディの元カレ、ダグが登場して、マディに復縁を迫ってくるので、ここらあたりで物語の先が読めそうな感じはする。

 恋に奔放な姉と、恋に臆病な妹。
 対照的な二人と、一人の男との三角関係。

 まあ、ドロドロした感じにもならなかったが、あまり深い感じでもなかったかな。


 ただ、本作のメインとなるのは、80年代のヒット曲を歌い、踊るというシーン。
 姉妹の恋の行方を、そんな歌と踊りのシーンで彩るミュージカル・ラブ・コメディということである。


 3年前のシーンから現在のシーンへと移る冒頭、プーリアにやって来たテイラーが、税関で「観光ですか?」と訊かれ、その答えから始まる「ホリデイ」

 その後「ヴィーナス」「パワー・オブ・ラブ」「ハイスクールはダンステリア」など、洋楽にはそれ程精通していない身でも、聞いたことのある曲ばかりが歌われる。

 出演俳優は知らない人ばかりであるが、皆、歌は上手かったな。

 それと、歌われている歌の歌詞が、物語の進行にマッチしているというとろころも良かった。


 物語の展開自体は、それ程深いものでもなく、まあ多少切なさを感じるくらいであったが、随所で歌われるヒット曲が、気分を盛り上げ、ハッピーな気分にさせる作品であった。

/5

監督:マックス・ギーワ、ダニア・パスクィーニ
出演:アナベル・スコーリー、ハンナ・アータートン、ジュリオ・ベルーチ
    グレッグ・ワイズ、レオナ・ルイス、ケイティ・ブランド
於:TOHOシネマズ シャンテ
「踊るアイラブユー♪」オリジナル・サウンドトラック
SMJ
2015-06-24
オリジナル・サウンドトラック


Amazonアソシエイト by 「踊るアイラブユー♪」オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-100「踊るアイラブユー♪」(イギリス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる