CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-083「真夜中の五分前」(日本・中国)

<<   作成日時 : 2015/06/23 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

世界に追いつける程度の時間を楽しむ
 時計修理工のリョウは、美しい女性ルオランと出会い、心惹かれる。ルオランにはルーメイという双子の妹がいて、彼女にはティエルンという婚約者がいた。
 ところがそのティエルンをルオランも秘かに愛しており、ルーメイに対して嫉妬心を募らせていた。
 リョウは、そんなルオランを優しく受け止め、少しずつ距離を縮めていく2人だったが。(「allcinema」より)


 上海を舞台に、美しい双子の姉妹と彼女たちに恋した男たちが陥る迷宮を描いたミステリー・ロマンス。

 
 三浦春馬が演じるのは、上海で時計修理工をしている青年、リョウ。
 そのリョウが一人の女性、ルオランと偶然出逢うのだが、彼女には双子の妹ルーメイがおり、時に入れ替わっては楽しんだりしている。

 このルオランとルーメイは、性格は違うし、見た目も微妙に違うので、最初は違う女優で演じているのかと思ったが、リウ・シーシーが二役だったんだな。

 ルーメイにはティエルンという婚約者がいるのだが、実はルオランも彼が好きだったという裏がある。
 双子ということで、同じものを好きになる傾向があるということで、それがお互いに嫉妬も生んでいるようである。

 前半は、そんなリョウ、ルオラン、ルーメイ、ティエルン、4人の複雑な関係と感情を描いているのだが、ルオランとルーメイが語る過去が一緒だったりと、ミステリアスな雰囲気もいっぱいである。


 リョウが時計の修理工をしているということで、彼の職場は時計に囲まれており、刻まれる針の音とゆるやかに流れる時間の雰囲気は心地良かったな。


 時計を5分遅らせるという理由をリョウが説明するが、なるほど何となく洒落た感じの理由であるが、現実的には遅刻してしまうよな。


 複雑な感情を抱きながらもリョウとルオランは心を通わせていくが、悲劇が起こり、その後半はミステリー的な様相が強くなっていく。


 事故でルオランが亡くなってしまうのだが、生き残ったルーメイの様子も変わってしまう。

 果たして、生き残ったのはルオランなのかルーメイなのか。

 彼女の言動から推し量ろうとするが、なかなかハッキリせず、結構モヤモヤ感が大きくなっていく。

 ラストに明かされることは、果たして知らなかったのか、それとも新しい自分として生きようと思ったのか。
 これまたハッキリしなかったな。


 ミステリアスな雰囲気は充分で、時計の針に刻まれながらもゆるやかな感じで流れる雰囲気は、やもすると眠気に誘われそうになるが、心地良いものでもあったな。

 モヤモヤした感じは残る作品だったが、結末は観ている人に委ねられたものなんだろうか。

 全体的には惹き込まれる作品だった。

/5

監督:行定勲
出演:三浦春馬、リウ・シーシー、チャン・シャオチュアン
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
真夜中の五分前
Rambling RECORDS
2014-12-03
半野喜弘


Amazonアソシエイト by 真夜中の五分前 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真夜中の五分前
【概略】 上海で働く時計修理工の日本人青年・リョウは、ルオランという美しい女性と出会う。彼女には双子の妹・ルーメイがいた。ある日、姉妹は旅先で思わぬ事故に襲われ…。 ラブストーリー ...続きを見る
いやいやえん
2015/11/29 09:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-083「真夜中の五分前」(日本・中国) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる