CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-062「リメイニング」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2015/06/02 00:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

善人は連れ去られ、悪人は残される
 家族や友人が集うトミーの結婚式。その最中、突然参列者たちがバタバタと倒れ始め、空から降り注ぐ巨大な氷魂が式場の屋根を突き破る。慌てて外に飛び出したトミーたちは、制御を失い墜落していく旅客機と絶命した人々の姿を目の当たりにする。
 トミーたちは教会に逃げ込み、黙示録に記された終末が始まったと聞かされるが。(「KINENOTE」より)


 冒頭、若者たちが楽しんでいる姿をビデオで映した映像が流れ、またP.O.V.作品なのかと思った。

 結婚式のシーンから物語は始まるが、もちろんビデオ映像もあるが、通常の映像もあり、その二つの映像を並行して映し出す作品となっている。


 幸せで楽しい結婚式の最中、突然人が倒れ、死んでしまう。
 更に雷鳴が轟く。

 いったい何が起こっているのか。自然の異常現象か、亡国の攻撃なのか、それとも宇宙からの襲撃なのか。
 ハッキリしないまま結婚したダンやスカイラー、そして友人のトミーたちは式場から出るのだが、突然氷塊が降ってきたりして、危険な状況となる。

 異常現象かと思ったら、スカイラーが何かに襲われて大怪我を負うので、異星人か怪物の襲撃という感じになってくる。


 何が起こっているんだろうと思っている中、語られるのが推挙≠ニいう言葉。

 どうやら「ヨハネの黙示録」に書かれている終末現象が現代に起こっているという設定のようである。

 キリスト教、聖書に精通していない身としては判り辛い内容ではあったが、ダンやトミーらが、襲ってくる堕ちた天使≠ニ呼ばれるモノから逃れることができるのか、そのあたりは気になる展開ではあった。


 最初に死んでいった人たちは信心深い者たち。
 生き残ったのは信仰心が無いか、偽りの信仰者たち。

 それでも、このような状況になると神に祈ったりするんだろうな。

 結末も信仰に関わるもので終わるというのは、希望なのか絶望なのか、図りかねるところがあったな。

 
 ちょっと馴染みの薄い題材で、判り難いところもあるのだが、聖書やキリスト教を題材としたホラーは結構世界観としては面白いものも多く、本作も興味深い作品ではあった。

/5

監督:ケイシー・ラ・スカラ
出演:アレクサ・ヴェガ、ショーン・サイポス、ジョニー・ベイカー、イタリア・リッチ、ブライアン・デチャート
於:新宿シネマカリテ
ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 リメイニング 光沢プリント
写真フォトスタンド APOLLO


Amazonアソシエイト by ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 リメイニング 光沢プリント の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リメイニング
【概略】 ダンとスカイラーの結婚パーティーに集まった家族や友人が突然倒れる。空から雷鳴と共に巨大な氷塊が降り注ぐ中、ダンたちは牧師から「終末が始まった」と聞かされる。 パニック ...続きを見る
いやいやえん
2015/11/01 08:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-062「リメイニング」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる