CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-074「プラスティック」(イギリス)

<<   作成日時 : 2015/06/14 01:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

きっかけは何であれ、結果が重要だ
 ロンドン。サムをリーダーとする大学生4人組は、クレジットカード詐欺で金銭を得ていた。
 ある夜、グループのメンバー、イエイツとラファが、自動車からブリーフケースを強奪。だが、そのブリーフケースがギャングのものだったことから、4人の運命は一変する。
 中に入っていたのは、財務データ。しかも、そのケースに仕込まれていたスパイウエアから、イエイツとラファの居場所を突き止めたギャングが彼らの前に現れたのだ。ギャングのリーダー、マルセルは、代償として200万ポンドを要求。
 サムたちは必死に詐欺を働いたものの、返済に限界を感じて一世一代の大博打に出る。それは、ブルネイの王子殿下の婚約指輪のダイヤモンドを強奪するというものだった。計画を実行するために、マイアミへ向かう一行だったが。(「KINENOTE」より)


 クレジットカード詐欺を働いていた大学生のサムを筆頭とした4人が、ギャングの財務データの入ったタブレットを偶然盗んだことから大金を強請られることになり、その返済のために一世一代の詐欺を働く姿を描いたクライム・サスペンス。

 実話を元にして作られた作品らしい。


 詐欺を題材とした作品ということで、アッと驚かされる展開というものを、ちょっと期待する。


 冒頭は、リーダーのサムやフォーディ、イエイツ、ラファの4人がカード詐欺を働く様子が描かれるが、いかにも簡単で、逆に被害者となる人間たちの警戒心の無さが気になるな。
 
 そんな中、イエイツとラファが車内にいる男を襲撃して、カードと情報を盗むと共に、持っていたスーツケースも奪うのだが、そこに組織の財務データが入っているタブレットもあり、ボスであるマルセルに居場所を突き止められたサムたちは大金を要求される。

 サムたちは返済のために、カード会社で働いているフランキーを仲間に引き入れ、マイアミでカード詐欺を働くが、要求額には足りず、一世一代の詐欺を働き、高級ダイヤを奪う計画を立てる。

 
 仲間内でも裏切りの不穏な空気が立ち込める中、果たしてサムたちは大金を得て、マルセルの手から逃れることができるのか、が気になる展開。

 ブルネイ王子の婚約を装って、高級ダイヤを奪おうという計画であるが、カード詐欺も同じで、相手が抜けているような様子もあって、ちょっとコミカルで面白い部分もあるが、ちょっと気をつければ、詐欺には遭わないかな、とも思わせてくれる。

 クライマックスは詐欺で相手を出し抜くというような展開を期待したが、どちらかと言うと、関係者が一箇所に集まって決着を付けるというような流れだったな。

 
 思っていたような展開にはならなかったが、ちょっとコミカルな要素もあり、詐欺の手口も面白い作品だった。


 主人公となるサムを演じたエド・スペリーアスは、3部作構想が頓挫してしまった「エラゴン 遺志を継ぐ者」で少年エラゴンを演じた俳優だったんだな。
 正直、ちょっと憶えていなかったが。

/5

監督:ジュリアン・ギルビー
出演:エド・スペリーアス、アルフィー・アレン、ウィル・ポールター
    セバスチャン・デスーザ、エマ・リグビー、トーマス・クレッチマン
於:新宿シネマカリテ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-074「プラスティック」(イギリス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる