CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-060「ザ・デッド:インディア」(イギリス)

<<   作成日時 : 2015/05/31 01:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

恐れは時に愚かな結果を生む
 インド郊外で風力発電の開発に従事するアメリカ人の電気技師ニコラス。彼には、インドで出会った恋人イシャニとともにいつの日か、アメリカで一緒に暮らすという夢があった。
 そんなある日、イシャニからニコラスの携帯に“街の様子がおかしい”という緊急連絡が入る。ふと作業中の風力発電塔から見下ろすと、驚愕すべき光景が目に飛び込んできた。人間が人間を襲っていたのだ。
 街は、ゾンビの大量発生によってパニックに陥っていた。イシャニの身が危ない。しかし、ニコラスのいる場所から彼女が暮らすムンバイまでは、500kmもの遠距離。
 愛する者を救うため、ニコラスは恐ろしい勢いで増殖しているゾンビの群れをかきわけ、ムンバイへの道を突き進む決意を固める。果たして、2人に未来は訪れるのか。(「KINENOTE」より)


 インドを舞台に、大量に発生したゾンビたちの中を、500キロ離れた場所にいる恋人を救うために奮闘するアメリカ人技師の姿を描いたサバイバル・ホラー。


 原題が「THE DEAD 2: INDIA」であり、のろのろした動きながら、徐々に迫り来るゾンビの様子がどことなく雰囲気似ているな、と思ったら、「ゾンビ大陸 アフリカン」の続編というか第2弾であった。

 監督、スタッフも同じである。

 登場人物は変わっているが。


 アフリカ、ソマリアからムンバイへ寄港した船の中に、腕を噛まれた男がおり、彼が感染源となってインド中にゾンビ増殖が広がっていくという設定で、一応前作から話は繋げているようである。


 物語としては、インドの郊外で仕事をしていたアメリカ人技師ニコラスが、ゾンビ発生で危険に陥っている恋人イシャニを救うため、遥か離れたムンバイまで、向かうという話。

 もちろん、その間には大量のゾンビたちが、のろのろとだが、確実に近づいてくる。

 果たして、ニコラスがゾンビの襲撃をかわしながら、恋人のイシャニの元にたどり着き、助けることができるのか、という展開がメインである。


 前作と同じで、のろのろとだが、着実に迫り来るゾンビの恐怖感は高かった。

 乾いた広大な大地を歩いているゾンビの様子や、暗がりで浮かび上がるゾンビの姿も不気味であった。

 様々な手段を講じながら、何とかイシャニの元へたどり着こうとするニコラスであるが、あまりの大量のゾンビに取り囲まれた時は、これで終わりかと思わされる。
 と言うか、あの状況で噛まれてないのか、とちょっと疑わしいが。


 ムンバイにも大量のゾンビが発生しており、イシャニにも危険は及んでいく。

 果たして、ニコラスとイシャニは無事に再会し、逃げ切ることができるのだろうか。


 ラストは、お約束の政府の決断による展開かなという感じであったが、もしかするとこのラストは、つづく、ということだったのかな。
 一緒に逃げることになった少年の母親に関する顛末も、唐突であり、曖昧な感じだったからな。


 前作と同じく、のろのろと歩きながらも、着実に迫って来るゾンビの姿がなかなか緊迫感ある作品だった。
 物語としては、やっぱり単純なストーリーということになるかな。

/5

監督:ハワード・J・フォード、ジョナサン・フォード
出演:ジョセフ・ミルソン、ミーヌ・ミシェラ、アナンド・クリシュナ・ゴヤール
    サンディップ・ダッタ・グプタ、プーナン・マートゥル
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
ザ・デッド インディア [DVD]
アメイジングD.C.
2015-08-05


Amazonアソシエイト by ザ・デッド インディア [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-060「ザ・デッド:インディア」(イギリス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる