CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-059「やるっきゃ騎士(ナイト)」(日本)

<<   作成日時 : 2015/05/30 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10代のピュアなエロをなめるな
 そこは、自治クラブ会長・美崎静香をリーダーとする“女尊男卑”をモットーとした聖愛学園。
 ある日、ここに一人のエロ男子生徒・誠豪介が転校してくる。女生徒へのHな妄想や男女交際、さらには勃起までをも禁じる理不尽な“三禁”に反発する豪介は、己のエロパワーで静香に果敢に立ち向かっていくのだが。(「allcinema」より)


 みやすのんきのコミックを実写映画化した作品。
 80年代のコミックだということだが、原作は知らなかったな。


 聖愛学園に誠豪介という男子生徒が転校してくるが、そこは美崎静香を会長とする女生徒たちによって組織された自治クラブにより、女尊男卑≠モットーとして支配されている学園。

 しかも、三禁というものまであり、男子生徒はHな妄想をしてはいけないし、ましてや勃起してもいけない。

 エロエロ妄想男子の豪介は、静香に一目惚れしながら対抗すべく、男子生徒たちのために立ち上がる。


 男子生徒の威厳を取り戻すために豪介たちが取る行動は、スカートめくりや女子寮の風呂場の覗きなど。
 まあ、普通でいけば、停学処分になりそうなものだが。

 ついに静香と豪介の一騎討ちかというところで、かつて学園を恐怖に陥れていた凶悪エロ教師、嵐鉄美が復活、しかもサイボーグ化した最強の肉体をもって。

 ストーリーは一転して、静香や豪介たち、男子生徒と女子生徒が協力して、嵐先生の復帰を阻止しようと、立ち向かっていく展開になる。


 ストーリー自体は、それ程捻ったものでもなかったし、基本的にはコメディということで、あり得ないこともいっぱい。
 更に、主人公の豪介がエロ男子ということで、妄想から現実のシーンまで、お色気シーンが満載である。

 ブルマにスクール水着に加えて、スカートめくりのパンチラ満載。

 そして、サイボーグとなった嵐先生に立ち向かう豪介のパワーの源になるのもエロ。
 力を与えるために皆が取る行動もエッチでバカらしい。


 お色気コメディであったが、笑えるシーンは少なめだったかな。
 ペンチで皮を引っ張るなら、ついでに皮も取ってくれ、というシーンは笑えたが。


 好きな女の子と学園を守るために立ち向かうという真面目なところもあれど、基本バカバカしい内容。
 お色気シーンはたっぷりで、そのあたりは楽しめると言えるかな。

 唯一豪介によってパンチラさせられていないのが静香だけという展開で、果たして静香がパンチラするのかは、ちょっと気になったな。

/5

監督:平林克理
出演:中村倫也、遠藤新菜、柾木玲弥、柳英里紗、アレクサンダー大塚
於:池袋シネマ・ロサ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-059「やるっきゃ騎士(ナイト)」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる