CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-049「ギリシャに消えた嘘」(イギリス・フランス・アメリカ)

<<   作成日時 : 2015/05/23 02:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

子供は父親に期待しすぎる
 1962年、ギリシャのアテネ。ツアーガイドをしているアメリカ人青年ライダルは、エレガントなアメリカ人紳士チェスターと年の離れた美貌の妻コレットと知り合う。彼らのガイドを務め、夕食も共にしてすっかり打ち解けるライダル。
 ところがその夜、夫婦の宿泊するホテルに一人の探偵が現われ、チェスターはもみ合いの末に探偵を殺害してしまう。実はチェスターは、投資家を騙して大金を奪った詐欺師だったのだ。
 彼は忘れ物を届けようと偶然ホテルに舞い戻ったライダルに嘘をつき、逃亡の手助けを要請する。そこでライダルは偽造パスポートの手配をし、3人で受け取り場所のクレタ島へと向かうのだったが。(「allcinema」より)


 「太陽がいっぱい」で有名なパトリシア・ハイスミスの小説「殺意の迷宮」を原作としたサスペンス。

 
 ギリシャのアテネを旅行中の、実業家風のアメリカ人の年配男性、チェスターと若き妻、コレット。
 幸福そうであったが、そこに探偵と名乗る男が現れ、チェスターを脅す。

 チェスターは探偵ともみ合い、事故で殺してしまう。

 チェスターとコレットは、偶然知り合った現地ガイドのアメリカ人青年、ライダルの助けを借りて、クレタ島へと逃亡を図るが、そこに愛憎が絡み合い、思わぬ展開となっていく。

 
 時代が1962年ということもあるのだが、ちょっと古典的な雰囲気がある作品だったな。

 逃亡することになる3人であるが、ライダルとコレットがちょっと仲睦まじくなったりして、チェスターの心が乱れてくる。
 三者三様の想いが交錯してきて、果たしてこの逃亡が上手くいくのか気になってくる。

 誰が誰を騙し、出し抜き、誰と協力するのか。
 そんな展開を予測したのだが、事態は思わぬ方向へと進んでいく。


 ライダルはアテネで二人の姿を見かけ、そこから知り合っていくのだが、物語の進行上では、ライダルがコレットに惹かれて、逃亡を手伝っているように見える。

 確かにそれもあるのだろうが、チェスターに対しては、父親のような気持ちを持っていたのではないかとも思わせる。
 厳格すぎる父に反発し、葬儀にも出席しなかったライダル。
 チェスターとの会話の中でも父親に関する話がよく出てくる。

 チェスターの最後の台詞も「ガッカリさせて、すまない」というもので、こちらも少し父親的な気持ちがあったのかな。


 多少は相手を出し抜くというような展開もあったが、二転三転するとか、どんでん返しというようなものはなく、結構ストレートにまとまった話で、そこがちょっと古典的な印象を与えるところかな。

 悪い意味だと、古臭い。

 ただ、ギリシャ、アテネのパルテノン神殿やクレタ島のクノッソス遺跡なども登場する情景は、なかなか洒落た感じで、そこを舞台に展開する話は、なかなか興味惹かれるものがあったな。


 1962年が舞台ということで、どこでもタバコを吸うチェスターとライダルの姿が印象に残る。

/5

監督:ホセイン・アミニ
出演:ヴィゴ・モーテンセン、キルスティン・ダンスト、オスカー・アイザック、デイジー・ビーヴァン
    デヴィッド・ウォーショフスキー、イーイト・オズシュネール、オミロス・ポールアキス、ジェームズ・ソボル・ケリー
於:ヒューマントラストシネマ有楽町

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ギリシャに消えた嘘
【概略】 1962年、ギリシャ。アテネでツアーガイドをして生計を立てている青年ライダルは、旅行で来たというチェスターとコレットの夫婦とパルテノン神殿で出会う。彼らのガイドを申し出たライダルだったが、その夜に宿泊するホテルに現れた探偵をチェスターが殺してしまう。混乱したまま死体の片付けを手伝ったライダルは、チェスターが投資家たちから高額の金をだまし取って逃走中の詐欺師であることを知る。 サスペンス ...続きを見る
いやいやえん
2015/10/02 08:51
『ギリシャに消えた嘘』
ギリシャに消えた嘘 詐欺師の夫婦と、そうとは知らず彼らに 手を貸したアメリカ人青年の逃避行を描く... ...続きを見る
cinema-days 映画な日々
2015/12/24 03:52
映画評「ギリシャに消えた嘘」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年イギリス=フランス=アメリカ合作映画 監督ホセイン・アミニ ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2015/12/30 09:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-049「ギリシャに消えた嘘」(イギリス・フランス・アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる