CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-040「ソロモンの偽証 後篇・裁判」(日本)

<<   作成日時 : 2015/05/16 12:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

それでも、生きていく
 クリスマスに謎の死を遂げた城東第三中学校の2年A組生徒・柏木卓也。当初は自殺と思われたその死に対し、いじめグループを率いる問題児・大出俊次による殺人という匿名の告発状がバラまかれ、事態は急展開を見せる。
 そして2年A組のクラス委員・藤野涼子は、大人たちを排除し、中学生だけで真相究明の学校内裁判を開くことを提案する。やがてそれは様々な困難を乗り越え、ついに実現することに。
 こうして検事役には藤野涼子、一方の弁護人を他校の生徒・神原和彦が務め、大出俊次を被告人とする学校内裁判が開廷する。
 白熱した審理が進む中、争点は次第に事件当夜の被告人のアリバイに絞られていくが。(「allcinema」より)


 「ソロモンの偽証 前篇・事件」に続く2部作の後編。
 いよいよメインとなっていく校内裁判が始まる。

 序盤は、まだ告発者と被疑者の生徒が出席できるかどうかというやり取りが展開するが、何とか全てをクリアにして、裁判を行うことができる。


 裁判では、担当した刑事や、元校長、元担任などが証人として証言したりするが、中学生が行う裁判ということで、さすがに法廷モノのような緊迫感とはなかったな。

 裁判前から、被疑者のアリバイが実証されそうな展開もあったりして、裁判の争点となっている告発状と被疑者というところは、それ程気になるものではなかったな。

 そんな中で、事件に関わらずを得なかった大人たちに起こったこと、また彼らが考えていたことの是非を考えさせる展開にはなっていく。


 そして、生徒たちの証言。

 やっぱり本当のことを言えない生徒も登場したりして、ある意味裁判は紛糾していくが、裁判の行方というより、藤野涼子を含む裁判を行っている生徒や、証言する生徒の気持ちがスッキリするのかどうか、というところが興味深かった。

 被疑者が、思わぬ人物に糾弾されるという展開も、ちょっと驚きだったな。


 最後に明かされる、柏木卓也の死の真相。
 やっぱり神原和彦が絡んでいたが、その真相というのは、事件的にはそれ程衝撃感というのは無かったが、関わった人物に残した傷は大きかったんだなと感じられる。

 どんでん返しのような、思わぬ真実というものはなく、ある程度予想してはいたが、少々物足りぬものを感じるのは、否めなかった。

 話を聞いている中で、気になってくるのが、柏木卓也の背景。
 他人を傷つけようとしているような発言を繰り返す彼が、何故そんな発言をするようになったのかが、あまりハッキリしなかったな。


 「八日目の蝉」の成島出監督ということで、何となく人間ドラマ寄りの話になるだろうな、と予想していたので、そんなに裏切られた感じはしないし、中学生たち、そして関わった大人たちの心情がよく表され、最後まで惹き込まれる話ではあった。

 事件の顛末自体に、あまり驚きがなかったのが、ちょっと物足りないところだったかな。

/5

監督:成島出
出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、佐々木蔵之介、夏川結衣
    永作博美、黒木華、田畑智子、津川雅彦、余貴美子、松重豊、小日向文世、尾野真千子、西畑澪花
於:丸の内ピカデリー
ソロモンの偽証 後篇・裁判
2015-08-04


Amazonアソシエイト by ソロモンの偽証 後篇・裁判 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ソロモンの偽証 後篇・裁判
後篇も、隣の主婦がホラーだった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/05/19 22:50
ソロモンの偽証 後篇・裁判
【概略】 前代未聞の中学生による校内裁判が遂に開廷。告発状によってクラスメート殺害の嫌疑が掛けられた大出。校内裁判の提案者である藤野涼子は検事として、その罪を立証しようとするが…。 サスペンス ...続きを見る
いやいやえん
2015/08/24 09:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-040「ソロモンの偽証 後篇・裁判」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる