CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-037「マップ・トゥ・ザ・スターズ」(カナダ・アメリカ・ドイツ・フランス)

<<   作成日時 : 2015/05/14 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

差し出される全ての手に、君の名を書こう
 ハリウッドのセレブ一家、ワイス家。父スタッフォードはTV番組も持つ有名なセラピスト。13歳の息子ベンジーも子役としてブレイク中で、典型的なステージママのクリスティーナはマネージャーとして息子の売り出しに余念がない。
 そんな中、スタッフォードのセラピーを受けている落ち目の女優ハヴァナが、顔に火傷の痕がある少女アガサを個人秘書として雇い入れる。しかし、彼女こそはワイス家が7年前に封印した存在、一家の長女だった。
 彼女の出現をきっかけに、ワイス家の忌まわしき過去が少しずつ明らかになるとともに、順風に見えた家族の歯車が急速に狂い始め。(「allcinema」より)


 「スキャナーズ」「コズモポリス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督の最新作。

 ハリウッドに住むセレブ・ファミリー、そして一人の落ち目の女優の華やかな生活の裏にある苦悩と狂気を描いた作品。


 ミア・ワシコウスカ演じるアガサがハリウッドに7年ぶりにやって来るところから物語は始まる。
 アガサは、ロバート・パティンソン演じる運転手のジェロームと知り合いになる。

 ジョン・キューザック演じるセレブ向けのセラピーを行っているワイス。
 その13歳の息子、ベンジーは有名子役として大人気。

 ワイスのセラピーを受けている、ジュリアン・ムーア演じる有名女優のハバナは、母親が演じた役を勝ち取ろうと躍起になっている。


 いかにもハリウッド・セレブという感じの人々が、時に無茶をしたり、横柄な態度で周囲に接する姿が描かれるが、その裏に幻影を見たり、大きな不安を抱えたりする姿が描かれる。

 ベンジーは、子供の頃出演した作品で大人気となり、正にハリウッド・スターということで、13歳にして周囲の人間に高飛車な態度を取っている。
 やっぱりスターというのは年齢関係なく、そんなものなのかな。


 7年ぶりにハリウッドにやって来たアガサは、ハバナの個人秘書に雇われるが、実は7年前に事件を起こし、施設に収容されていた、ワイス家の長女である。

 果たして彼女は何の目的で戻ってきたのか。そして、彼女が戻ったことで何が起こるのか。


 ミステリアスな雰囲気と、ハバナとベンジーが死んだ人間の姿を見かけるという、精神的な不安を抱えており、彼らの運命がどうなっていくのかも興味深い。

 そして、7年前に事件が起きる引き金になったとも言える、ワイス家の秘密。

 登場人物それぞれの様子や、物語の行き着く先は興味深かったが、結末は結構直裁的なものだったな。
 衝撃的な結末だとは思うが、感心するまではいかなかったかな。


 ハリウッド・セレブのふとしたきっかけによる崩壊を描いた話としては、興味深く観られる作品ではあった。

/5

監督:デヴィッド・クローネンバーグ
出演:ジュリアン・ムーア、ミア・ワシコウスカ、ジョン・キューザック、ロバート・パティンソン、オリヴィア・ウィリアムズ
    サラ・ガドン、エヴァン・バード、ジャスティン・ケリー、ニーアム・ウィルソン、キャリー・フィッシャー
於:新宿武蔵野館

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-037「マップ・トゥ・ザ・スターズ」(カナダ・アメリカ・ドイツ・フランス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる