CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-380「闇金ウシジマくん Part2」(日本)

<<   作成日時 : 2015/04/02 01:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

人の頭に平気で金属バットをフルスイングできる奴ら
 10日で5割(トゴ)、1日3割(ヒサン)という法外な金利と情け容赦ない取り立てで知られる伝説の闇金ウシジマ。
 ある日、彼が社長を務める“カウカウ・ファイナンス”に、無職のヤンキー、マサルを引き連れた暴走族のヘッド、愛沢がやって来る。彼は自分のバイクを盗んだマサルにここで借金させ、慰謝料200万を払わせようとしていた。
 ところがウシジマはマサルを見込んで見習いとして雇い、カウカウで働かせることに。
 一方、新米ホストの神咲麗は、ナンバー1を目指すも生活費に困る日々。そんな麗に入れ上げる17歳のフリーター彩香は、彼の夢を応援しようとウシジマのもとへとやって来る。(「allcinema」より)


 人気コミックを実写ドラマ化し、その映画版である「闇金ウシジマくん」に続く映画版の第2弾。

 違法な金利で金を貸し、容赦ない取立てを行う、闇金カウカウ・ファイナンス≠フ社長、丑嶋とその部下たち。

 そんな丑嶋と、彼に関わることになった人間たちの行き着く様を描いたドラマ。


 前作も結構酷い話だなと思ったが、本作は更に酷い話になっていたな。

 前作と本作の間に、ドラマ・シリーズがあったのかな。
 綾野剛演じる、情報屋の戌亥や、高橋メアリージュン演じる、丑嶋のライバルになる闇金融の女経営者、犀原茜が登場したりするが、前作では出ていなかったのだが、新たに出てきたキャラという感じではなかったな。

 それにしても、犀原茜、何を喋っているのか、判らないことが多かったぞ。


 色々な理由で丑嶋に金を借りることになった者たちが堕ちていく姿がなんとも、見ていて辛いものがあるし、ある意味しょうがないのかなとも思ってしまう。

 フリーターとして働き、わずかな金も大事にしていた彩香が、一人の新人ホストと出逢ったことで、堕ちていく様は特に辛くて、そのホスト、レイを.1にするために取った行動は、ここまでやってしまうのかと思うものであったな。

 ホストに入れ込んだというより、好きな男のためにやったということであるが、可哀想でもあり、哀れにも感じる行動だったな。


 丑嶋の下で働くことになった、マサルと、暴走族の総長である愛沢の話、こちらはちょっと愚かに感じるものであったが、彼らのために丑嶋が、危険な状況へと追い込まれてしまい、その顛末がどうなるのかは興味深かった。

 相変わらず、どんな状況でも冷静沈着な判断を下す丑嶋は、主人公としては魅力的な人物ではあったが、行動自体は結構えげつなかったりする。

 前作でもそうだったが、丑嶋はヒーローというわけではなく、どちらかと言うと悪人とも言える人物。
 そして関わった人々の行き着く先もハッピーなものではない。

 あまりいい気分では終わらない作品だが、反面教師的な話ではあるかな。
 丑嶋のキャラは際立っており、彼の言動には興味惹かれるな。


 この作品に、子供と一緒の家族連れが鑑賞に来ていた。
 ファミリー映画には全く縁遠い作品なんだが、お金を大事にしようと教育するために鑑賞したのかな。

/5

監督:山口雅俊
出演:山田孝之、綾野剛、菅田将暉、木南晴夏、門脇麦、高橋メアリージュン、中尾明慶、窪田正孝
    希崎ジェシカ、バカリズム、大久保佳代子、キムラ緑子、マキタスポーツ、本仮屋ユイカ、光石研
    柳楽優弥、崎本大海、やべきょうすけ、久保寺瑞紀、平田実、落合モトキ、相葉裕樹
於:池袋HUMAX CINEMAS
映画「闇金ウシジマくんPart2」DVD 通常版
SDP
2014-10-24


Amazonアソシエイト by 映画「闇金ウシジマくんPart2」DVD 通常版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
闇金ウシジマくん Part2
愛沢のキャラが面白いな。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/04/07 23:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-380「闇金ウシジマくん Part2」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる