CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 15-005「PERSONA3 THE MOVIE ♯3 Falling Down」(日本)

<<   作成日時 : 2015/04/19 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

一人になるのが怖いからこそ、守るんだ
 “ペルソナ”の能力を覚醒させ、特別課外活動部の一員となって異形の怪物“シャドウ”との戦いに明け暮れる結城理。季節は秋を迎え、理たちの戦いにも終わりが近づこうとしていた。
 そんなある日、理の前に謎の転入生・望月綾時が現われるが。(「allcinema」より)


 「PERSONA3 THE MOVIE ♯1Spring of Birth」「PERSONA3 THE MOVIE ♯2 Midsummer Knight’s Dream」に続くシリーズ第3弾。
 季節を舞台にして物語は展開していくということで、本作の舞台は秋。

 前作で、仲間である荒垣真次郎を亡くした、結城理ら特別課外活動部のメンバー。

 シャドウを全て殲滅し、活動も終わり、影時間も終わるはずであったが、思わぬ裏切りと喪失があり、事態は新たな局面を迎える。

 友人を失うことを恐れ、一人殻に閉じこもる理。
 そして、それぞれの想いを抱えるメンバーたち。

 真次郎を殺した、タカヤやジン、そしてチドリとの闘いのシーンはあったりするが、物語のほとんどは、理たちがそれぞれの想いを抱えながら過ごしている日々の様子が描かれる。

 ちょっと変わったことと言えば、望月綾時という転校生が現れ、やたらと理に近づき、友達になろうとしていること。
 何か裏があるのか、敵方のキャラクターかな、と思わせるが、そんな綾時も含めて、意外と普通の学生生活が展開される。

 そして、秋と言えば、修学旅行。月光館学園の生徒たちも京都へ修学旅行で向かうが、何と2年生と3年生が一緒に修学旅行をするというシステム。
 これでメンバーのほとんどが修学旅行へ行くという展開になるが、来年はまた3年生として、理たちは修学旅行へ行くのだろうか?

 そんなことが気になりながらの修学旅行では、綾時も加わりながら、どことなく理の心にも変化が表れてくる。

 温泉でのシーンはベタベタながら、かなり笑わせてもらったな。


 クライマックスは、再びタカヤにジン、そしてチドリたちとの闘いとなる。
 そしてチドリに想いを寄せる順平の活躍と傷心。

 チドリの能力を考えれば、何となく順平の運命は見えてくるかな。


 シャドウとの対決もほとんどなく、影時間を終わらせるための方法も見つからないまま展開していく本作。
 理たちメンバーの心の葛藤、痛みをメインにしたような展開で、ある意味繋ぎ的な話であり、青春物語っぽい話であった。

 逆に、仲間と過ごす時間の大切さなどを説いて、更に物語の展開もサクサクとしており、飽きることはない作品だった。

 結局綾時は単なるいい奴だったのかと思ったら、最後にその正体らしきものが明かされ、物語は次作、最終作へと続いていく。

/5

監督:元永慶太郎
声の出演:石田彰、豊口めぐみ、鳥海浩輔、田中理恵、緑川光、能登麻美子、中井和哉、田の中勇、沢城みゆき
於:シネ・リーブル池袋
映画 PERSONA3 THE MOVIE #3 Falling Down パンフレット
フラットリテイル


Amazonアソシエイト by 映画 PERSONA3 THE MOVIE #3 Falling Down パンフレット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
PERSONA3 THE MOVIE ―#3 Falling Down―
ゆかりや風花の出番が少ない分、アイギスが目立つ内容だった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/04/24 22:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15-005「PERSONA3 THE MOVIE ♯3 Falling Down」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる